2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
朝日の記事より

「日本は独自性を示す必要がある。一つは核廃絶にもっと強いメッセージを出していくべきです。軍備を増強させることは全然、防衛につながらない。日本に生まれた誇りの一つは憲法9条。人類に誇れる理想だと思うし、変えてはならない。九条があるからこそ、「世界平和」とか言えると思います。」

今日の朝日新聞の神戸版で見つけた・・某政党新聞の記事ならともかく、なんと、べたにストレートな表現だろう!と思ったのですが、

社民でも共産党でもなく、兵庫一区から当選した民主党の井戸正枝さんの言葉でした。無国籍児問題に取り組まれている方で、たしか5人のお子さんのママ。

均しのアンケートだけでは議員の本音はよくわからなくて、ニュース見て平和主義の敵だと思っていた人が実は護憲派だったり、またその逆もあるんだよね。

この記事シリーズものらしいので・・うちの区から当選した民主党議員さんがなんていうのか、早く見たい。 

 

 

人気ブログランキングへ   

 ↑↓ ぽちっとクリック!!よろしくお願いします。

 にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

>ライ麦狼さんへ
下記のブログに勉強会の情報があります。このブログに注目していれば、似たような企画が開催されるやもしれません。

アトラス塩浜選手の平和運動はこのようなスタイルがメインな訳ではなく、多様で広範な活動の一形態に過ぎないということだけご理解下さい。

伝統の平和運動ブログ
http://yaplog.jp/sekairenpou/archive/1202


お餅も入ってべたべたと
お玉様へ

記事違いのコメントですみませんでした。。
”民主党議員が語ったこと”を元に論を展開したのは、べたべただったので、具体例として判りやすいかと思ったしだいです。ですが、それがご迷惑だったとの事で、大変失礼いたしました

もちろん、お玉様、他このブログでコメントしてっしゃる人の台詞とは考えてはいません
具体例に出した民主党のかただったり、有名どころでは社民党の党首だったりの発言や、ネット・日比谷公園等で質問した、護憲派のかたたちのリアクションなど、大まかな範囲での疑問です。



やりちゃん様へ

>「平和の為の軍事研究」というような勉強会
どのような事を勉強するのか気になります。参加してみたいです。

>私は、軍事オンチな平和運動家がいても、その活動に何ら差し支えはない、と考えますが、経済オンチの平和活動家というのは有り得ないと思います。

活動内容にもよるのでしょうが、軍備の議論をするならば、戦争の知識は持っていてもらいたいと思っています。
あと、経済オンチのくだりは、激しく同意します。


生まれ出づる悩み
「平和の為の軍事研究」というような勉強会が開催されることがありますが、逆説的でありさえすれば何でも正しい、というものでもないでしょう。

「一般のマスコミに出てこないから」というだけの理由でトンデモな陰謀論を盲信する方は右にも左にも沢山います。

私は、軍事オンチな平和運動家がいても、その活動に何ら差し支えはない、と考えますが、経済オンチの平和活動家というのは有り得ないと思います。それは海図の読めない船乗りのようなものです。飢餓や貧困は、常に紛争と背中合わせです。バラマキで解消できるとの脳天気は非常に危険です。


>「何故、戦争に反対する護憲派ほど、戦争の知識(外交・経済・軍事・歴史など)が少ないのだろうか?」
という悩みが、今年の初めあたりからありまして、

べただと認めつつ取り上げた新聞記事の中で民主党議員が語ったことを元に論を展開されてもちょっと迷惑です。過去のお玉記事やコメンターの議論を読んでほしいとはもちろん言えないけど、とりあえず、、記事違いだとおもう。


思いて学ばざれば?
今晩はコメント失礼します。

>「軍備を増強させることは全然、防衛につながらない」

という言葉や、近い意味合いの言葉を、護憲派のかたからよくお聞きします。
ですが、どーにも気になる事があるので、この場で質問させてください。

批判や否定などはなく、純粋に質問・疑問なのですが、
「何故、戦争に反対する護憲派ほど、戦争の知識(外交・経済・軍事・歴史など)が少ないのだろうか?」
という悩みが、今年の初めあたりからありまして、
もしお玉様はじめ、皆様のなかで「○○だからじゃないか?」「自分の経験上、○○だからだ」等、見解のある方がいらっしゃったら、ご返答頂けませんでしょうか?

無論「護憲派」でカテゴライズできませんし、戦争について詳しく知っている方もいらっしゃいます。
・・・ですが、多くの護憲派の方よりも、別段声高に”反対”を叫ばない人(・・・逆に声高に”賛成”を叫ぶ人も、知識は少なめな気もします)のほうが、広く知識を持っています。


また、戦争の知識を得たり、普及したりすることも否定される方もいます。
例えば「軍備増強に関して、広く一般の人達で議論するべきだ」と仰るのに、「一般の人達が、軍事について知識を得る必要は無い」と仰ったりなど。

護憲派の方は、戦争の知識をタブーとして、自らも触れないようにして、戦争を封じ込めようとしているのでしょうか?

護憲派で軍事板の常連という人は、いらっしゃったりするのでしょうか?



すべては事実認識から
こんばんは。やあ、今回は、ドジ踏んじゃいましたね。自主憲法制定派の何某が、護憲派のはずがないじゃないですか。でも、そのドジを自ら認められるブロガーは、そうはいない。えらい!おばさんは、えらいと、僕は思うよ。

おばさんは、9条運動を広げようと、一所懸命なんだ。で、そこにつけ込む輩も出て来る。何某が護憲なんぞ、とんでもないデマゴーグだ。

でも、その嘘をきちんと指摘したブロガーがいて、それに対しおばさんは、潔く非を認めた。それが大切。それができなきゃ人心は離れて行く。


お玉さん

>アンケートだけでは議員の本音はよくわからなくて、ニュース見て平和主義の敵だと思っていた人が実は護憲派だったり、またその逆もあるんだよね。

政治家にとって「言葉」は、国民に対して最も重要なものだから、本音が十分に伝わらないってなら、政治家は反省して、表現方法に磨きをかけないといけない。

井戸正枝さんに必要なのは、その発言を、どういうプロセスで実現していくのか、デメリットやリスクは何なのか、国民はどういう心構えであるべきだと考えるのか、これを勇気を持って説明することかなって思う。

もっとも、私は、現時点では井戸さんのことをあまり知らないので、「反対」ってことになるけど(笑)、井戸さんが真正面から不利なことでも話してくれれば、『国会議員』としては応援したいと思うな。

私は改憲論だけど、現憲法の価値が低いとは思わないし、およく改憲論者で「押しつけ憲法論」なるものがあるけど、『押しつけ憲法、だから何?押しつけだろうが自主憲法だろうが、いいものはいいし、ダメなものはダメ。自主憲法を掲げて中身がダメなら、意味なんかないでしょ。』っていう考えなんで、たとえ持説とは反対の人であっても、それはそれとして応援はしたい。(逆に、自分と同じサイドの人でも、単に排斥しか唱えないようなら、そんなのは応援する気はないな。)


期待する政治家には応援を
 期待する政治家には、今度の選挙で議員に選ばれた人にも選ばれなかった人にも(だから、タイトルでは政治家、としました)、応援のハガキなり手紙なりを送りませんか?(急ぎでなければ、手書きがより良いと思います。) 「どこどこで話しておられた、何々ということばが、とっても良かったです」といった、ファンレターみたいなのでも、もらったら、「よしっ」という気がわいてくるんじゃないでしょうか。
 
 僕は残念ながら議員に選ばれなかった人に、今から書きます。
                                     ぶっさん


 一方民主党トップは、仕事始めは10月末からとぬかしてた…

『臨時国会は来月下旬=民主党の輿石氏』
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009091200332

 予算執行停止、返還要求の法的根拠も明らかにしないまま、一月半も国政放棄ですか。これは今年中に景気対策は無理だわ。

 かりに井戸正枝さんの志が立派でも、トップが腐っていたり無能では、その政党は駄目なんですよ。


国連憲章と平和憲法
 もしもまちがっていたら、教えていただきたいのですが、国連憲章が設計した国際平和とは、最終的には国連軍が侵略軍をやっつけてくれる。それが集団安全保障の仕組みでしょう。侵略された国は、それまでのあいだ自衛権の行使が認められる。一国で守るのが個別的自衛権で、他国の助けを借りたら集団的自衛権ですよねぇ。そういう仕組みで国連は国際平和を構築しようとしているわけだ。
 それに対して、日本の平和憲法は自衛権も国連軍への参加も禁止している。いろいろへ理屈つけてはいるが、あの文章を素直に読めば、武装放棄のスッポンポンでいこうって憲法はうたっていると思う。
 つまり、わたしが疑問に思うのは、国連憲章と平和憲法は矛盾しているんじゃぁなかろうか?ということ。護憲も改憲も、そこのところをどう考えているんだろうか。


>改憲派は平和の敵

いいえ、それは全然違う。
文章って難しいねえ…
だから人は、いろいろ言い訳したり、長文になるまで書いたりしたくなるんだろうけどね。
どうしたって誤解されるときは誤解されるし、伝えられない。


>平和主義の敵だと思っていた人が実は護憲派だったり、
改憲派は平和の敵って事ですか。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前回の続き 第3弾です。 ■ 庶民から見た 政治ブログ 【 1 】  ~ ホンモノは誰だ? ~ ■ 庶民から見た 政治ブログ 【 2 】  ...
国民経済飯茶碗―『静かなる革命2009』付録図版 転載歓迎! 「おっかー 腹減った~」 「ないよ~ おとうが先に食っちまったよ~」税制が変われば政治も変わる! 『静かなる革命2009』 シリーズ バックナンバー 【第1回】静かなる革命:2009年熱月30...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。