2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
価値相対主義

(9月16日追記あり)

加藤周一さんが生きている間に、ちゃんと本を読んでおくんだったなあ・と昨日ふと反省をしてました・・・・

価値相対主義、なんて言われてもお玉、「それ、おいしいの?」くらいしらなくて・・・・自分の考えが7割くらい正しくて、相手の考えにも3割の真理が含まれていると考えることができると協力関係は築くことができる・・・・というお話だそうで。

こう言われると、「あ、お玉、それやってる」一瞬そう思えたけど、いや、実はそうでもないなあとだいぶ遅れて気がつく。 反省しなきゃなあ。

お玉は、結構幅広いコメンターに囲まれてるつもりだけれど、その分左派には暗黙のうちに寛容になることを押しつけてるような面がお玉には自覚的にも無自覚にもあるから。いけないところだと思ってる。ごめんね。

運動論的にだけそんなことを考えているのではなくて、
 以前は何度か書いたかと思うけれど、お玉自身が、保守系で歴史認識がお玉とは違う、石原都知事と桜井よしこが大好きな、そして・・・・自覚的であれ、無自覚であれ、差別的発言を公の前でしてしまう「人」から、数年間もいろんな話を聞き、影響された経緯があるから・・この人から新聞の読み方、世界に目を向ける大切さ、紛争地域が世界地図のどこにあるのかにアンテナを立てておくことの重要性、政治の裏表・・を学んだ。

非常に魅力ある人を引き付ける力のあるひとでした・・・ 
 

 護憲派であれ、改憲派であれ、日本を大事に思う気持ちはみんな同じなんだというお玉のベースで,いつも浮かぶのはこの人の顔です。

もちろん、お互い相いれないことも多数ありましたし、歴史認識問題では真っ向からこの人を否定し、恥をかかせてしまったこともありました…それでも断絶せず、その方に何かあればすぐに駆けつけると約束して、今も変わらず交流があります。

そう、リアルにその経験があるから、お玉はネットだけでは、真の人間性いうものは決して「わからない」と確信している。

 城内さんを支持する中に保守系列の護憲派と思えるブロガーが何人もいること、その中にはリアルな彼を知っている人がいること。そして、これは依然どこかで書いたと思うけど、今のところ城内さんが護憲運動の邪魔をしないこと・・これらがお玉が見守ると書いたことにつながるんだけれど、それはもういいとして・・(言い訳と取られてもしょうがないことだしね)

さて・・真っ向から批判されていた人たちの中のほうが、左派的には真理があるわけで、なのにお玉がそこを全然書かないし、運動論的に合わないから嫌だなあと拒絶しているあたりは、お玉って、ぜんぜん「価値相対主義」ではないんだよね…


今回お玉を叱ってくださってるkojitakenさんは存在が「おっきい」から、お玉にはどうしても怖いなあ、もうちょっと優しく言えないのかなあ??というきもちが 先立っしまうんですが、お玉の嫌いな911陰謀論ではネット上において、数少ない(ほんとに、すくないかも)「同志」ですし、今回はお玉の聞く耳のない頑固さにも気付かせてもらいました。
感謝してます。う~~ん・・TBしたら見てくれるかなあ・・

いつだったか大江健三郎さんの「寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか」という話をしたけれど。これは言葉遊びではなく結構お玉自身にとっては大きなテーマでして…・・・

さて、お玉はいま本当に忙しいのです。いったい何をやろうとしているのかは、もっと後にならないと書けませんが、その事に向けてお勉強中です。
あと、思うところがいろいろあるので、この際ランキングは外してしまおうと思ってる。

護憲や国際紛争や戦争や・・そういう話をランキング上の保守系の人に聞かせたくなったらまた戻すかもしれないけど、とりあえずお休み。

追伸

きまぐれな日々さんところでコメントました。ここにも書いておきますね。

怖そう・・・はまずかったですね。ごめんなさい。それと、TBしたのはこのエントリ読む前に書き上げた記事ですのであのようになっております。 

もともとは、郵政選挙前後の彼の動向と態度。それを表現したつもりだったのですが、じゃあ、あの国籍法の時の態度は?と突っ込まれればおっしゃる通りです。この時本人に直接メールしていればいろいろ言えるのですが、天木さんの時のように、そこまではしませんでしたし、その点に関しては、後悔しています。 
それでも、信じているからついていく人がいるんだと、そのように思ってます。 

後は、今後の生の(ニュースやネット情報ではなく)国会での様子で判断したいと思っています。これでお答えになっていますか? 

まだまだ政治家としては青く若いから、いろんな可能性があると思う私は甘いのかもしれません。でもそのように思ってます。 
とはいえ、あそこのコメント欄はうちに負けず劣らずひどいものも多いので、驚きました。が、そんな中でも「真理」のあるコメントも見つかります。 


さて・・お話は違うのですが、いずれ、全く別のことでご意見、ご感想をうかがうことがあるかもしれません・・その時はどうかよろしくお願いします。 





2009.09.15 13:15 URL | お玉 #e2xIBKiE [ 編集 ]

お玉さん、 

重ねてのコメントありがとうございます。 

> TBしたのはこのエントリ読む前に書き上げた記事ですのであのようになっております。 

了解しました。私の方でも、今回のエントリ以前には対話を試みる書き方はしていなかったので、それにもかかわらず私のHN名を挙げていただいたことは、むしろ光栄に思います。 

> 郵政選挙前後の彼の動向と態度。それを表現したつもりだったのですが 

そうだろうなとはうすうす感じていたのですが、 

> じゃあ、あの国籍法の時の態度は?と突っ込まれれば 

と仰るように、主に「はてブ」のコメントでお玉さんを批判していた人たちは(お玉さんのブログを荒らしていた人はどうだかわかりませんが)、そこのあたりが明記されていないので苛立っていたのだと思います。 

つまり、郵政民営化支持派から批判派に転じたように、城内実氏がレイシズムをあらわにしたあの態度も今後改めてくれるだろうと期待されているとの認識で良いわけですね? 

> いずれ、全く別のことでご意見、ご感想をうかがうことがあるかもしれません・・その時はどうかよろしくお願いします。 

普段大上段に構えている割には中身のない私のことなので、あんまり役には立たないと思いますが、むしろ私の方から勉強させていただきたいと思います。

2009.09.15 13:31 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

 

 

 

 

 

 

 


 
Secret
(非公開コメント受付中)

価値相対主義と価値絶対主義、私はそんなにこだわってないよ。
数字で見えるものは、「絶対」になるかといえば、「数字をどう見るか」というものが入れば、相対主義になってしまうし、数字で見えなくても、話の土壌に制限が加われば、絶対に近付くことになる。

絶対と相対は言ったり来たり。
自分の考えに、絶対に自信を持ちつつ、疑いを持ち、他の考えを参考にしつつも疑問を呈する。矛盾した行動のようにみえるけど、この行ったり来たりが大切だと思うよ。

肩の力を抜いて考えれば、「言論の覚悟」を抱くのは案外カンタンな話。余裕を持てるからこそ、リスクやデメリットをしっかりと踏まえて物事を述べ、考え、行動することができるしね。

って、こんな形式ばったことを言っているけど、やれない人よりもやれる人の方が多いから、あまり懸念することもないんじゃない?
普通に暮らしていれば、それができているんだと思うし。


自分10
>自分の考えが7割くらい正しくて、相手の考えにも3割の真理

意外と「自分が10、相手が0」でもうまくいくものですよ。自分が10であるならば、誰にも頼らない反面、誰にも怒らずにすむ。誰とも同じ土俵に立たないのだから。
“価値絶対主義”であるならば、物事の成功は自分のお陰な反面、失敗も全て自分のせいになる。ここで彼は他人を責めることをやめ、自分に努力を課す。
勝った者が総取りするのが世のルールであるならば、話は簡単。嘘と高慢は美徳になる。人間が対等なはずが無い。

私はそのような人間を好ましく思っています。自分にできることを、機械のように果たす人を。
そう、できることとできないことが分かれる。自分が10の人間は、自分にできることはできるが、できないことはできないと認める。そこで他人に背中を預ける。


ほっとしました
ブログそのものが休みになるわけではないのですね。良かった良かった。

最近のネットではどうも不寛容がデフォルトのようで、人種差別的な言動があれば即座に全否定、南京事件について何か書けば袋叩き・・・。
しかも完全に悪意でデマを書いている人間よりも、不注意でうっかり書いてしまった人間のほうがボコボコにされがち(悪意の人間は防御も固めているものですから)

不注意の人はそもそも深く考えていないからそういう発言が出るわけで、それはその都度訂正してもらえばいいだけのことではないかと思うのですが、どうも学術研究か神学論争のような厳正さを世俗の政治家や市井のブロガーに求める嵐は止むことがないようです。

もちろん右よりの人に都合の悪いことに対してもコメントスクラムとかあるわけですが、どちらにしても解同の糾弾会ではあるまいし、不用意な発言をした人を血祭りに上げるだけで何か解決するというのは日本赤軍あたりの時代で死んだ思想だと思っていたのですが、ネットはそれを蘇らせたようにも思います。紅衛兵の人民裁判の現代版が跋扈しているようなそんな気持ちにさせられるのです。

まぁそういう『人類の犯罪』のような重要事について深く考えることのない人間に政治家の資質は無いのだ、という議論も分からないではないのですが、じゃあ有権者がそんなこといつも考えているのかと言えば違うわけで、その有権者の代表がそんなものなのはそれは仕方ないのではないかと思うのです。

だいたい差別だの偏見だのというのは『善良な市民』がそれとは知らずにするものです。だから根深いのです。その市民の代表である議員だって同じです。ならばそこで行われるべきなのは教育であって糾弾ではないと思うのですが、世間、特にネットの世界では完全に違うようですね。

「UFO否定論者にUFOを否定するならせめてこれこれの関連文献を読んでくれ、と言ったってそもそも信じていないのだから読むわけがない。歴史認識問題だってこれと同じで南京虐殺否定論者が肯定論者が挙げる文献など読むわけが無い」

という身も蓋もないコメントをどっかで見た記憶があります。

どうせ言ったって差別者は理解しようとすらしないだろうし、人は信じたいものしか信じないのだから、あとは実力行使(糾弾)で差別発言を封じ込むのだ。

という身も蓋もない運動方針が出てくるのは仕方のないことなのかもしれませんが、そうやって武力で押さえ込まれた差別/偏見は深くなるだけで消えはしません。

根気強い対話のみが真の意味でそれを解消するのでしょうが・・・・もしかすると、人生というのはそうするには短すぎるのかもしれませんね。

世代を超えることのできる唯一の方法、<母と子>のネットワークがそれを解決することを期待しつつ、男である私は静かにそれを見守りたいと思います。

長文乱文失礼いたしました。


読み返してみて、負けず劣らずひどいコメントって・・なに?と自ら突っ込んでみたりして…そういえばそういうの、うちはほとんど来なくなってるよね。
みんなに感謝。
いつもありがとう。


今日見つけました。このブログ。
ネットは、難しい世界だけど、優しい感じの人なんだろうなぁという印象です。
私は主婦です。最近政治の事社会の事、色々見てみたいと思うようになりました。
悩みながら、自分の答えを見つけていきたいです。
出来れば、復活期待してます。


価値相対主義
天台実相論と同じで、苦あれば楽ありでしょうね。


 お玉さんお疲れ様です。

 私はネットで影響を受けた人が二人居ます。そのうちの一人があなたでした。

 お休みに入るのは寂しいですが、疲れが取れたらまたランキングに復活してください。

 



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ここ数日の記事でこぼれ落ちた話題を今日はまとめて紹介します(^^) まず千葉景子法務大臣。鳩山首相との関係が今一つ不明だったのですが、...
 いつものようにだらだらとPCを操作中…xyzzyで書く…大丈夫か…私…たぶんもう夜中…時間の感覚がたまになくなるので困ってしまったり…ねこ1号が飛んだり、跳ねたり…それに合わせてネコ2号が起きだしたり…だからといって、誰かに迷惑を掛けてるわけじゃなし…
信じるか信じないかは、あなた次第です…続きはWebで
空っぽの飯茶碗とてんこ盛りの丼とどちらが好きですか? 参考図版:国民経済飯空っぽの飯茶碗―『静かなる革命2009』付録図版 金融経済20000兆円は空っぽの器である. 「金融立国」などという言葉に惑わされてはならない. 健全なる財政は実物経済の上に構...
 春しか咲かないものだと思っていたタンポポが最近では、一年中見かける。 別に不思議だと思わない方は、気にもとめないようである。しかし自分としてはやはり「タンポポは春に咲くもの」との想いが強い中で、アカミタンポポだけは秋が見つけやすい。 そもそも、蒲公英とい
漠然とした毅然 を書いたあたりから、ずっと考え続けていることをツラツラと。 わしは、ヘタレである。 どのぐらいヘタレかというと パニック映画の最初のほうで、一人だけ助かろうとしてみんなを裏切って逃げ出して、結局はそのせいで最初に死んじゃうキャラクタ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。