2017/03
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
伊勢崎さんにインタビューしたよ

 しばらく、かもがわ出版の売り上げのために、読書部門ランキングに参入します。どうかよろしくです。

人気ブログランキングへ   ←ぽちっとお願いします~~

みんな、ひさしぶり。

 なんだかばたばたとしておりました。事の発端はなんだか、いつもおもろい企画を立てて本づくりに取り組む松竹さんが、全部ご自身で取材して、編集してるのを、時折見聞きしてて、「大変だねえ。。簡単な仕事だったら(そう、お玉は簡単な仕事だったらと確かに言った・・・・)手伝うよ。」などと無謀な発言をしたのが、多分始まりでしたが。まあ、それはいいとして。。。

なぜか、次の伊勢崎本の編集のお手伝いをさせてもらえることになって、んなもの、お玉な私にできるのだろうか??と悩む間もなく、その準備に追われておりました・・・

 

 昨年末から伊勢崎さんは、何やら時々海外へ行ってました。

 うすうす、アフガニスタンの平和のために伊勢崎さんにしかできないお仕事をしているんだなあと思っていましたけれど、その全容はなかなか話してはいただけない・・(そりゃそうですよね)なので、とにかくいまアフガンはどうなっているのかを新聞記事で毎日確認しながら、再度彼の著書を読んでいたのだけれど・・・

 

 きのうやっと、彼と民主党の犬塚議員の珍道中(・・と伊勢崎さんがおっしゃっていたもので・・)の一部始終をお聞きしました。

 

伊勢崎さんは、やはり思った通り、アメリカ、アフガン、パキスタン、などの国々の要人に会いに何度も出向き、話し合いを重ねてきました。それはアフガニスタンに平和をもたらすために世界中の国々を巻き込み、そしてその旗振りを日本がしようとする、大きなプロジェクトへと進化させようとするその過程に今おられました。驚くことに伊勢崎さんが過去武装解除で関わった、たくさんの同志たちは、各国の政府のえらいさんに出世していて、政府間ではすぐには進まないはずの話し合いが、非常にダイレクトに、彼を通して進められていっているのでした。

 

 11月末の東京でのアフガン会議を開催するまでの、珍道中およびすごい話は本を買って読んでいただくとして。。。。。

 

 
先週、みんなに募集した伊勢崎さんへの質問はインタビューするうえでとても役に立ちました。ありがとう。本の中でその質問の答えが見つけられるようにと、そんな思いで話してもらってます・・

 

 お玉が一番聞きたかったことは、お金にもならず、最も危険な場所なのに、伊勢崎さんはなんでそんなにがんばるのか?ということ。

彼の答えは、アフガンでの武装解除の成功がかえって治安の悪化を招き失敗してしまったことの責任を取りたい・・そして・・・・・(続きは本の出来上がりを待て!)・・・という苦悩を語っていただきました。

 

 あのね、お玉はよその国々に比べて、アフガンのことが何も伝わらない日本の世論にもかかわらず、実は世界中から期待されちゃってる伊勢崎構想のずれを少なくするために今度、この本がぜひ役に立ってほしいと思ってます。

いくら素晴らしい案だったとしても、世論が大きく背を向けてしまったら日本政府も動けないと思うから・・・・11月末の話し合いの結果いかんによっても内容が変わってくれだろうと思うけれど、ようは、最近松竹さんがよく書いてるように、アフガニスタン30年戦争を日本が中心になって終わらせようと頑張ってるというお話しになると思います。

・・・日本が終わらせる・・・お玉には伊勢崎さんがいなければ終われない、そんな風に思えるインタビューでした.。

 今回も、伊勢崎さんは相当危険な地域にも出入りしてて「いや~保険はたくさん掛けていったんですけどねえ」などとおっしゃってたけど、「伊勢崎さんに死なれたら、その損失は計り知れないから、とにかくご無事でいてくださいよ!!とみなさんの代わりにハッパかけてきました…。

 

実はいっぱいお話聞いたけど、どこまでまとめていいのか、何を表に出してはだめなのか、お玉には判断がつかないことが、まだまだ数多くありまして・・・・・・とにかく頑張って編集するので、待っててね。

次の記事は時間ができたら書きますね。ではでは。

 
Secret
(非公開コメント受付中)

具体的にどんなことを述べたのか、それを知りたいところですね。
ともあれ、最も確実な方法で問題を解決してもらいたいと思います。


詐欺そのもの
こども手当の件がかすんでしまうような郵政人事ですね。「脱官僚」は民主党のメイン看板なんでしょう?

これは、増発する国債の引き受け手が日銀だけでは足りなくなることを見越しての動きだと言われています。西川社長の下、日本郵政が民間会社になってしまわれては「困る」のでしょう。

驚きでいっぱいです。


期待しています。
お玉さん 今度聞き役として本作りに携わったそうで、できあがるのが楽しみです。
            ぶっさん


詐欺みたいなもの
>驚きでいっぱいですね。

もともと民主党はあまり好きではありませんでしたが、まさか目玉政策である「こども手当て」を自治体に押し付けようとするとは夢にも思いませんでしたね。

驚きでいっぱいです。


 大役就任おめでとうございます。

 本を1冊纏め上げるのは、大変な仕事だと思いますが、このブログを何年も続けてきたお玉さんならきっと問題なくできるはず。

 私には逆立ちしてもできないから尊敬します。頑張ってください。

 それにしても政権が変わるって、こんなに色々変化するんですね。はじめての政権交代は驚きでいっぱいですね。



昨日
サンデーモーニングに伊勢崎さんが出演してました。それで、アフガニスタンの70年代の映像が流れまして、ソ連に進行される前の緑のアフガニスタンに皇太子(今の天皇)が訪問しているシーンが写しだされたのにはびっくりしました。
わずかに30年前にそんな時代があったアフガニスタンが今は戦禍によって荒れ果てている。
伊勢崎さんが、いや、彼だけじゃなくて、日本政府が、アフガンの内戦と、アフガンを武力攻撃する米軍や欧州を和解させて、アフガンに和平をもたらすことを世界が期待していると、私は感じているのです。平和憲法を持つ日本の役割は大きいと思います。
成功を祈りたいと思います。




少しは役に立てたかな?
 そうでしたか。武装解除がさらに治安を悪化させるくらいの状態だったのですか。

 戦争がはじまれば、血で血を洗う絶滅までの殺し合いがはじまるという例ですね。

 止める手段がないということを国際社会に広めていくことも必要だと感じました。

 かわいそうだなと感じます。アフガニスタンの人たちが。原因は日本人にもおおいにあると思っていますが。。

 どうしたものか。


先が楽しみですよ
まぁ素晴らしい。いきなりそんな大仕事をさせてもらえて、ラッキーというかさすがというか、とにかくはりきって頑張っちゃってください。是非とも予約購入させていただきます。ああ、待ち遠しいなあ!
 これから先の、お玉さんはもとよりこの国の世界への挑戦に、ちょっと期待ができそうですね。できるできないでなく、やってみなけりゃ始まらないんですよ。考えるだけでは現実は変えられない。その意気で進むのがベストですね。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  日本ほどいい加減な国はない。 なぜなら、 いざというときの覚悟を明確に示した内閣が今までなかった事にある。 この貨物検査法一つとっても総選挙の時に自公は、内閣不信任案を野党が提出をしたがゆえに廃案になったとしている。 まぁ~、昨日書いた「議員立法」に関
最新の記事10個は欄外に。9月分は、コチラ。 *印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。 体操の世界選手権は、昨日から種目別がスタート。  140cmの小さな体で頑張る17歳の鶴見虹子選手が、段違い 平行棒で銀メダルを獲得。こちらも43...
2009年08月31日 Twitterの書き込み、『産経新聞が初めての下野なう』 『でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。』『これからが、産経新聞の真価を発揮するところ』という産経社会部記者の投稿に読者からの批判が殺到。 流石の産経も批判の多さに堪えきれず、『たく...
<font size="3" color="blue"> ソマリアといえば、海賊とすぐ連想してしまうのですが、国内の治安は最悪で、このようなこともあるのは当然といえば当然なのかもしれません。ソマリアが平和な国に早くなってほしいと願わずにはいられません。 ...
 中国民主化本の著者が来日中で、今週末に帰国するまで、とても忙しい。けれど、東京に私ひとりしかいない弱小出版社としては、その仕事だ...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。