2017/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
クリスマスイブ
「私は正しい・でも間違ったことも考えたり、話したり、するかもそれない・・」そう思えれば無意味な争いごとはなくなるんじゃないかな?
そんなことばっかり考えてる。


「みんな違ってみんないい」のは自分と違うほかの人を認められれば簡単じゃない?

「私が正しい」を捨てる必要なんかない。

ただ、「私が正しい」ほかの人のことを否定せずにどうやったら和を持てるか・・・

いろんな価値観があるんだから、そこを否定せず、貶めず、馬鹿にせず、
進みたい・・・・できるか?それが「私」に・・




クリスマスな話・・・・

キリスト生誕の時に祝福しに行った三人の博士と、実はもう一人祝福に向かっていた博士がいたの・・

でもその博士は、向かう先々で困窮している民がいて、その人たちを救うために時間を取ってしまって…結局イエスには会えなかった・・宝物も渡せなかった・・でもきっとこの博士が一番イエスのおそばにいたんだろうなあ・・


人気ブログランキングへ   ←ぽちっとお願いします~~






 
Secret
(非公開コメント受付中)

実に悩ましい問題だけど、やってはいけないことは『誤った情報を正しいと強弁すること』です。
このときは「みんな違ってていい」や「みんな正しい」は、逆にNG。関東大震災で朝鮮人虐殺事件が発生したのは、「朝鮮人が毒を投げた」という誤った情報の結果であって、民衆が集団リンチによって起こされています。

お玉さんのコメントは、『正しい情報をもとに、自分ならばどう考えるのか』という部分ならば、私は大賛成です。
将来のことなんて、誰も予言者じゃないんだから「これが絶対に正しい」ということは言えない。
未確認情報も、推測するしかないポイントについては、「これが絶対に正しい」という根拠などないのだから、「もしかしたら、違うかもしれない」というスタンスで臨むのが適切だと思います。

ただ、私が懸念しているのは、「客観性を求められるもの」であっても、それがイデオロギーで左右されてしまうこと。
保守もリベラルも革新も、それだけは戒めて欲しいなと願うばかり。


おそば
大晦日にはおそばを食べられるのだなあ・・・(関係ないか)

正しいかどうかを考えてるのはどっちかっていうと無駄じゃないのかなあ。
誰しも自分のすることに全部責任は持てないと思いますよ。正しいかどうかって、たぶん誰かの基準を推し量ろうとしているんだろうけれど、それがイエスであろうと法律であろうと、ただそれに従うだけで免責されようというのはちょっと甘えん坊ですよね。
どんな結果も、それが現実であれば無視できないものであるし、ありのままを見ながら生きることで心は成長していくかも知れません。あのときはすぐにかっとなって失敗した、でも今は少し余裕がある、っていうだけでも前とは違うわけで、やはり人間は経験を重ねて変化していくんでしょう。

えー、すでにイブは過ぎてしまったわけですが、イブであろうと祭日であろうと日々の仕事は目の前にあるわけで、宝物を渡せなかったハカセも現実を大事にしていたゆえの結果であるのです。彼は、自分が正しいからやるとは思っていなかったでしょう。目の前の人々に持てる力を尽くしていたわけで、それはそれで見上げた心意気であるですなあ。

真摯に当たれば少しくらいケンカしようがなんだろうが互いを認めることはできますよ。みなが同じではないから、ぶつかることもあります。問題はどうやって共存するのかってところですか。苦労は買ってでもせよ、のようなものかな。


社会領域の足場を確認せずに、政治領域で決着させようとするから、反目しあうわけで。

おそらくそうしている間は、相対化できる問題は少ないかと。


いい話ですね。
お玉さん いいお話をありがとうございます。  ぶっさん



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  2010年が始まりました。 昨年2009年の日本ではいろいろなことがありました。最大の出来事は政権交代だったでしょうか。 ジミントー政権...
まいどー。送りつけ9条の怪のキンピー教祖でおまー。 えー、今年は最後の最後まで経済はアカンかったけど、他の分野で期待が持てた年でした...
岡山年越し派遣村が始まりました。炊き出しだけでなく毛布や服、米など生活物資の支援、生活相談、医療相談、法律相談、住居相談などしています。ボランティア、カンパなども待っています。
 なぜか最近,3月に書いた,柊あおいさんの「夢幻時間」 の初回の記事がやたらと読まれている.一番最後の「高齢出産ネタ」という記述に引っ掛かっているのかなぁ~(笑) どちらにしても,柊あおいさんは「家庭を大切にする人」なので,連載はのんびりと年に2回くらい
  【「多数決」や「多数派」についての思考の断片】 ■ 1+1=3と考える人が多数派であったとしても、1+1=3になるわけではありません。 ■...
キリストの生まれた日、聖誕祭、クリスマス。 ・・・と思っていたら、なんとキリストが生まれた日ではないんですね。クリスマス。 なんかミトラ教の冬至の祭りが由来なんだとか。 ツリーの飾り付けの習慣とかも全部どっかの異教の由来のものらしいですね。 確かに新...
日本アパッチ族(カッパ・ノベルス)∥小松 左京/著∥光文社∥1964.3(091225再読了) 憲法改正後の仮想体験として…深い意味はないのですが…仮想的な事後検閲…Feelings that cry… ●仮想的な事後検閲制といっても、責任者には社会的な制裁を加える。おのずと相当な圧
プロイセンの戦略家クラウゼヴィッツの著『戦争論』によれば『戦争』とは、平和憲法下の我々日本人一般が考えるような何ら珍しい存在(特殊な極悪、犯罪行為)ではなく、『他の手段をもって行う政治の延長』(政治=戦争)と断定している。 しかし、この論理が正しいなら
アメリカの大統領がオバマさんに交代し戦争から少しは遠ざかるのかなと思いきや 残念な状況になっています。ある意味ブッシュさんの方が平和を愛していたのかも 知れません。彼はただ単にお金儲けの為に戦争をしていたように感じていました。 オバマさんは自分の信じる正
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。