2017/03
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
首長は教育現場に個人的信念を伝えることを自制しよう
ぎりぎりまでなかなか結果を出せず、どんどん「評価」が下がってしまって、国民の多くが早く交代した方がいいんじゃない?と思っていた (これだけ書くとどこぞの首相のようですけど。。。)

「岡田ジャパン!」

本当におつかれさまでした。たったひと月足らずでここまで評価をかえてしまうなんて、すごいね。

岡田監督の思い切った戦略の練り直しが結果に結びついたのでしょうけれど、その戦略にチームが一丸となってついていったことが南アフリカへいってからの成果につながっているんだよね。




さてさて、ワールドカップで感動しているさなか、大阪府知事はここぞとばかりにやっぱりいいました。

「会場では国旗が掲げられ、国民は意気揚々と国歌を歌っていた。うちでも子供たちに歌わせた。教育現場と国民の感覚はずれている。国旗、国歌は日本の象徴であり、しっかりと教えるべきだ」

お玉は昔から一貫して国歌は自由に歌いたい、国旗は自由に掲げたい・・ということを言ってます。なので、南アフリカでがんばる選手のために日本から応援の意味も込めて国歌を歌う若者たちを「ええな~』と思ってみてました。
応援しようよ、という気持ちが自然とみんなで歌おうという気持ちに導いてると思うから。

でもそこに(それを利用して)教育現場のお話を持ち込む橋下知事はとっても嫌な感じで、不愉快でした。教育現場で教えずとも、あの夜中に外に出て応援していたみんなは歌っていたじゃん。これ以上何を教えるんだ???


さて、その二日前、内田樹さんが密やかに?(いえ、記者会見してます)大阪市の特別顧問に就任されました。内田さんのブログによると特に教育方面でアドバイスしてほしいと平松市長直々にお願いされたそうです。

内田樹の研究室「特別顧問就任」より一部抜粋

市長からはとくに教育方面についての助言をいただきたいとお願いされていたのであるが、ご存じの通り、私の年来の主張は「政治は教育に介入してはならない」というものである。
政治とマーケットとメディアは教育に口を出さない方がいい。
というのは、私の年来の主張である。
教育のことは現場に任せて頂きたい。
というわけで、抱負を訊ねられたことを奇貨として、記者諸君には「メディアは教育には口を出さないで頂きたい」と申し上げ、市長には私からの渾身のアドバイスとして「首長はできるだけ教育現場に個人的信念を伝えることを自制していただきたい」と申し上げる。
もちろん市長は私のそういう考えを熟知された上で、特別顧問に委嘱されたのであるから呵々大笑されていた。


(抜粋ここまで)


大文字の部分・・・ちゃんとそこをわかって特別顧問をお願いした平松市長、やるじゃん!!


人気ブログランキングへ  ←ぽちっとお願いします~~


 
Secret
(非公開コメント受付中)

まぁ・・・
日教組の一部の活動が過激だったり、行き過ぎているところがあるのも確かで・・・一方で同じ日教組でも地域によっても考え方も活動事態もことなりますので、これらの問題が教師個人の問題というのは賛成ですね。

ただ、酷い教師に接したことの無い人には、そう言う教師を庇う日教組をも憎む人の気持ちは判り難いでしょう。

日教組だから・・・はラベル張りになってしまいますが、国旗・国歌の問題に限らず、先の「吊るし上げ」の例にもあるように、そう言った問題のある教師を日教組などが何かと庇って処分できずにいたのも現実問題として存在しているのも確かですから・・・各地域で組織率
や力の強さにバラつきがありますので一概には言えないことではありますが・・・。


あらら..
ダイスさん

一見さんや最近初めて投稿されてる人は別にして、何年も何年もうちを読んでいるにもかかわらず、あなたのコメントを書こうと思う気持ちが理解できない。それでもコメントを表に出すのは、読んでいる人にはこのコメントのおかしさを知ってほしいからで。

たくさんの反対コメントに冷静に丁寧に答えているキンピーさんにたいして、書いている内容以前に書き方の上で分が悪いと思うな。キンピーさんがダブスタなのか?違うでしょう。恰好のネタを前に非難するためだけにコメントした文章の穴をつかれて、力技のコメントを夜中にするというのは、先ほども書いてるように内容以前にいただけない。



いいかげんにしなさい。
 私の一連のコメントは、キンピーさんのダブスタを批判してのものです。それを私がダブスタ発言をしたと摩り替えるのは止めていただきたい、というか止めろ! この卑怯者!!

 そもそも、「個人の行為」で済まされる問題ではない『教育現場における自衛官子弟への迫害』を「個人の行為」であると免責しようとしたキンピーさんが一連の記事違いの原因。
 なお、私は沖縄の米軍基地問題に関して「サヨクが米軍の事故・事件を理由に反対している」という事実と「米軍の事故・事件は、組織の行為か個人の行為かを分別するならば、個人の行為である」という分析を述べたに過ぎない。
 日頃、個人の行為である事柄を組織の行為に摩り替えて批判を繰り返しながら(米軍の事故・事件を理由に米軍基地反対を唱える)、ひとたび自分が信奉するイデオロギー(憲法9条)が、そのイデオロギーの信奉者(サヨク教師)の行為に基づいて批判されたならば、「それは個人の行為でしかありません」とするのは、それこそダブスタであろうって事。なお、イデオロギーと個人の関係で、個人の行為がイデオロギー批判に結びつく理由も述べてある。

 さて、それ以上に問題なのは、「軍隊という性質の問題」とは何なのですか?
> >米兵の犯罪率が高い→米軍基地の密集と、軍隊という性質の問題があぶりだされます。
としているのですから、犯罪率が高いという事と軍隊という性質が結びついての事なのでしょう。つまり、「軍隊だから犯罪率が高い」と言いたいのではないですか?
 どういうつもりだか知りませんが、軍人である事をもって軍人を犯罪者扱いするわけだ、キンピーさんは。
 私の
>  そして、「○○君(さん)のお父さんは自衛官で人殺しです!」と吊し上げを『楽しむ』のですね。9条が存在する限り、いつでも可能な楽しみです。
という危惧は、妥当な危惧であったわけだ。
 やはり教育の現場に9条を持ち込んではいけません。どんなに綺麗事を口にしても、本質は『迫害を楽しむ』ツールなんですよ9条は。
 お玉さんが出てきましたからね。このタイミングで指摘しておきますよ。
 このブログは、やはり左派が中心に読んでいるのでしょうが、「軍隊という性質の問題」というキーワードに誰も違和感を覚えなかったのでしょうね。当然、お玉さんも。
 私が、9条護憲派に警戒感を持つ理由を、図らずも護憲派の無関心あるいは事なかれ主義によって浮き彫りにしたわけですね。皆、心の中で「軍人は軍人であるが故に犯罪者だ」って思っているわけだ。
 ネッド。さんがソースを希望したのは、極めて妥当でしょう。性質の問題とするならば『比較』というのは重要な検証手段ですから。

 そもそもの記事は、「教育の現場で信念の押し付けをしてはならない」という趣旨ですから、
「教育の現場で9条の押し付けをしてはならない。理由は、自衛官の子弟への迫害が起こるから。」
この意見は、記事違いじゃないですよね!


大事な部分はそこではないと思うんだけど
お玉もくわしくは知らんけど、米兵の沖縄においての犯罪率についてが低いとして・・問題はそこではなく犯罪を犯した米兵を検挙できない件数の異様な多さ、ではないですか?

自らの意見を表明できずに相手にばかり要求するのは、ただただ反論を書きたいがためではないかと思えてしまう。
それと、どんどん記事と違う方向へ話が進みますね。なのでそろそろやめようね。




キンピーさん>
そちらの出したソースは「事故」件数も入ってますね。
犯罪で無いものを加えた数字は信用出来ません。
さらに沖縄県民のデータが書いてありません。フェアとはとても言い難い。
恣意的な情報操作と言われても仕方ないですね。

そこで沖縄県民、米兵のどちらも検挙数で比べているところがあるのでどうぞ。

http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20080218/beihei

これを見る限り、米兵の犯罪率が高いとはいえません。
が、検挙数で比べてるので純然たる犯罪件数ではどうなのか?という疑問はあります。
犯罪件数で比べているところがあれば良いんですが、残念ながら私には見つけられませんでした。
そういったソースがあれば教えてください。


ネッド。さん ダイスさん

在沖米兵の犯罪発生率を問題にしているのですが。
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/95d8de18a8b1bbe55fa0c0daa805e533

ちなみに沖縄県民一万人あたりの犯罪発生率との比較は、米兵一万人あたりの【検挙率】との比較になっていますね。
違う性質のものと比較することに何の意味があるのか分かりませんが、恣意的な情報操作なんですかね。


ダイスさん

貴方はご自分の基準を示されたのですから、どの問題も同じように見なければダブスタと言われてもしかたありませんよ。


7/5の昼休みにキンピーさんのコメントが表に出されていることを確認しました。
> 正々堂々とダブスタを披露されても困ります(苦笑
 脳内ソースに基づいて私のコメントを解釈されては困ります。
 そもそも、私は先のコメントで現状分析を述べただけです。現状分析ではない、私の意見となる部分は、コメントの後半「私から見れば~」以降です。

それより、
> 米兵の犯罪率が高い→米軍基地の密集と、軍隊という性質の問題があぶりだされます。
の「米軍基地の密集」はともかく「軍隊という性質の問題」とは何でしょうか?
 いや、性急にコメントすることは避けましょう。今しばらく『観察』する事とします。


キンピーさん>
>米兵の犯罪率が高い→米軍基地の密集と、軍隊という性質の問題があぶりだされます。

米兵の犯罪率が高いというソースをお願いします。
前に調べた時は沖縄県民より低かったので。


ダイスさん

正々堂々とダブスタを披露されても困ります(苦笑
米兵の犯罪率が高い→米軍基地の密集と、軍隊という性質の問題があぶりだされます。
沖縄では自民党から共産党まで「基地撤去」を要求しているんですけどね。


相変わらず勝手な解釈ですね。
 米軍基地反対の根拠に米軍の事故・犯罪を挙げているのは、私ではありません。9条護憲派です。

 ある人物の行為をあくまでも個人の行為として捉えるか、それとも、その人物の所属する組織や信奉するイデオロギーに影響された行為と捉えて組織やイデオロギーに責任を分担させるのか。

 米兵の事故や犯罪は、米軍という組織と米兵という個人の関係に基づいて考える場合、純然たる『個人の行為』です。
 組織とその構成員という関係の場合、組織がその命令系統に沿ってどの様な指示・訓令・命令を出していたかが、構成員に最も大きな影響を与える要素であり、組織の側に「事故を起こしてもよい・犯罪を犯してもよい」と解釈される指示・訓令・命令が発せられた事実を証明しない限り(通常は「事故を起こすな・犯罪を犯すな」と発せられている)、構成員の事故・犯罪は、組織の方針に反して行われた行為という事です。

 対して9条とサヨク教師のようなイデオロギーと信奉者の場合、イデオロギーの側によほど明確な表現が無い限り、信奉者の解釈次第となります。
 この解釈次第というのが曲者で、解釈とはいかにも個人の領域の出来事のようですが、実はどの様にでも解釈できるイデオロギーを現す文章にも責任の一端が存在するのです。
 現在、自衛隊は合憲とする解釈が主流という立場から、9条を免責したいのでしょうが、所詮は解釈ですから何時でも、特定の手続きなしで変更可能な事柄でしかありません。
 9条の条文に、どの様にでも解釈できる余地がある事に責任の一端があるという事です。
(ただし、憲法という性格上、事細かな記述を避け、解釈による弾力的な運用の余地を残した方が効率が良いとする意見・立場には理解を示したいとは、考えています。要は、9条護憲派の中で自浄作用が働くようにして、責任の一端をちゃんと担えって事です。)

 私から見れば、全ての9条護憲派の人物に、「とりあえず9条を免責して護憲派の勢力を保持し、勢力分布が安全と見たら、さっと手のひらを返して『自衛官への迫害を楽しむ』ことを再開する気でいる」という警戒感を持たざるをえません。
 なぜなら、現実に『自衛官への迫害を楽しむ』行為に直面した経験があるからです。
 まして、本来個人の問題である事柄を組織の問題として糾弾し、自分の不利益と思える事柄には責任放棄する姿勢を見せ付けられれば、なおさらです。
 不特定多数の自由意志の集合である9条護憲派(改憲派でも私のような廃憲派でも同じですが)において自浄作用が働かない現実も見せられていれば、「更に更に」であります。(9条護憲派の誰もピースボートの行いを批判すらしなかった事実なんかが印象的ですね。)

 このこと一つをとってもこの有様です。
 憲法9条を「ただの欺瞞」と感じる児童・生徒は、確実に存在するでしょう。
 「欺瞞ではない」と説明説得できる言葉を9条護憲派は持っているのでしょうか?(持っているわけ無いですよね。私は、そんな説明説得をされた覚えがありませんから。代わりに雑音呼ばわりはされたけどね。)
 教育の場で「ただの欺瞞」を押し付けるのでしょうか? 欺瞞であると解釈される事実を含めて総合的な教育を行うという趣旨で「憲法上必要な教育」と言っているのではありますまい。「9条を守りましょう」では、単なるイデオロギーの押し付けでしかありません。

 教師の権威を傷つけてまで、9条を教育の現場に持ち込むべきではありません。そしてその様な状況にある原因は、9条護憲派の身勝手な振る舞いにあると自覚すべきです。


ダイスさん

条文が間違うわけではありませんね。
それは戦前の帝国憲法とて同じで、憲法が戦争を起こしたのではありません。
もっと具体的に問題を見ていく必要があります。

しかし、貴方の基準でも米軍基地撤去要求の理由が米兵犯罪であり、正当性を与えていることに驚きました。
自衛官師弟へのイジメ=9条が悪い
米軍基地反対=米兵が悪い
ですからね。


その理屈は通用しないな。
> 何度もたとえに出される自衛官の話ですが、問題はその教師であって9条ではありません。
 では、9条護憲派が戦前日本を貶めるために持ち出す話題も全て「個人の問題」って事で。あと米軍関係者の事故や事件も米軍基地反対の理由にはなりませんよね。
 場当たり的に二重基準を持ち出すのは、自説への信頼を損なうだけですから、慎まれるが良いと思いますよ。

 自衛官の子弟を吊し上げて楽しむような教師や、それに同調するような輩は、100%9条護憲の意見の持ち主と見て間違いないと思いますが、いかが。
 9条護憲派であれば100%『自衛官への迫害を楽しんでる』とは言えない、のは当然ですが、『自衛官への迫害を楽しんでる』者は100%9条護憲派である、は一般論として成り立つと考えます。
 であれば、憲法9条と『自衛官への迫害を楽しむ』行為との間に、何らかの相関関係があると考える、少なくとも相関関係があると疑うのが、妥当でしょう。

 『自衛官への迫害を楽しむ』ことを悪い事だと認識できないのであれば、これ以上語る事は無意味ですが、まさかここに出入りしている人に、その様な方はいらっしゃいますまいね。


「守」の教育を邪魔しないで欲しい。
>お玉は昔から一貫して国歌は自由に歌いたい、国旗は自由に掲げたい

誰もお玉さんのような一般市民の大人に「強要」などしてませんヨ。

そもそも、「教育」の一環として、「子供にだけ」半ば”強制的”に教えているだけですよ。
(ちなみに、反対している教師が処罰されているのは、教えるべき「職務を放棄」しているからであって、思想信条の自由を侵そうとして反対する教師を処罰しているわけではありません。)

反対する教師達は一体何の権利を以って、子供達が当然受けるべき一般常識としての日の丸・君が代について基本的知識を実に付けることを目的とする「教育」を、妨害しようとするのでしょうか???

単に歌いたくないという嫌悪感から反対しているに過ぎないくせに、「思想信条の自由」などという”屁理屈”を持ち出して反対する。

この問題に対する左翼の姿勢というのは、実に恣意的でひとりよがりだと思います。

政治的主張を教育現場の持ち込もうとするのは、むしろ左翼の側であるのは明らかでしょう。

そもそも、「教育に強制はつきもの」です。

それは、子供の成長していく土台を作るために必要なことであって、強制しないことこそ子供の成長する権利を奪うことに他なりません。

私がこの問題を考えるとき思いおこすのが、カムイロケットの開発に携わっている北大・永田教授が、子供に対する「価値観の強制の大切さ」について端的に述べている文章です。以下引用紹介します。

◆子供と人権/価値観の押付けと訓練の強制

(~前略)

教育とは、人間形成です。

それは、守破離の段階を追って行われます。

「守」は学びの段階、「破」は洗練と創造の段階、「離」は独自の境地を構築する段階です。
「守」をおろそかにしては、その後の「破」も「離」も達成不可能です。

「守」の段階で行われる教育は、基本的には、価値観の押付けと訓練の強制です。

子供に対してこれをしっかりと提供してあげないということは、彼らが人生において「破」、「離」と成長していく権利を奪うことを意味します

考える力というのは、最初から考える練習をしても身に付きません。

まずは、考える道筋をなぞる訓練を積むことが必要です。
正しい論理展開を何度も辿るのです。

これは反復練習であり、知的訓練です。
詰め込み教育や反復練習は創造力の発達を阻害するというのは嘘です。

子供の頃に禄に知的訓練を積まなかった人に限って、そういう主張をします。

基本的な技を身に着けずに、独自の技を生み出した剣豪は存在しません。
それと同じことです。

何事にも近道なんかありません。
訓練を楽しいと思えるように好きになること。

僕たちが子供に教えてあげられる最上の道はこれです。

(後略~/引用終了)


日の丸・君が代を強制された子供達が将来、どんな態度を取ろうと構いません。それは自由です。

しかしながら、基礎知識はキチンと教えるべきだし、自分がどの共同体に属しているかも自覚できないような「根無し草」人間にはなって欲しくない。
子供達が成長していく権利を奪わないで欲しいのです。

結局のところ、左翼が問題視する「日の丸・君が代強制」とは、教育上に”のみ”止まる「強制」に過ぎないのです。

それを、あたかも「大人に対する強制」とすり替えて受け止め、「思想信条の自由」と絡めて騒ぐ行為には正直眉をひそめざるを得ませんし、こうした”聖職者”の騒ぎに巻き込まれる子供達が可哀想です。


ダイスさん

何度もたとえに出される自衛官の話ですが、問題はその教師であって9条ではありません。
だって自衛隊法は合憲ですからね。
っで、貴方の特異な意見の押し付けは平和憲法をいただく日本国の教育現場にふさわしくありませんので却下です。
反発を感じることもあろうかと思いますが、ご自信の主張を実行されるのであれば改憲してから言ってください。
もちろんノイズとして垂れ流すぶんには問題ありませんが。


平和主義はOK。9条はNG!
>キンピーさん
> 「9条を守りましょう」
> は、憲法上必要な教育ですね。
 そして、「○○君(さん)のお父さんは自衛官で人殺しです!」と吊し上げを『楽しむ』のですね。9条が存在する限り、いつでも可能な楽しみです。

 教育の場は、まだ未熟な者を教え導く場です。その任にあたる教師には、見せ掛けであっても「権威ある存在」であって欲しいと希望しています。
 9条などと言い出したらば、少なくとも中学生以上であれば、その欺瞞に気付く生徒は少なからずいる事でしょう(そのまま9条にだまされる生徒も同じようにいるでしょうが)。そうなれば、めっきが剥げるごとく、教師の権威は失墜します。
 めっきの剥げた教師の存在は、教育の荒廃を呼ぶ事でしょう。その様な事態になる事は、望みません。

 教育の場で平和主義を説くのは良い事です。孫子の昔から「兵は国の大事」と認識されている事柄ですから。
 ただし、平和主義は9条しか無いと考えているならば、それは大きな誤りです。なぜなら9条は、その有効性がまったく証明されていない、単なる欺瞞の存在でしかないからです。いや、先の大戦の原因を日本のみに求め、原爆を始めとする無差別大量虐殺を正当化するための装置でもあります。
 その様な邪悪な存在である9条を『平和主義を騙って』教育の場で説くなど、絶対にあってはなりません。

 なお、このような私の憲法9条観に反発をもたれる方は、このブログを始めとする左派系政治ブログには多い事でしょう。
 その様な反発を覚える方は、ぜひとも「憲法9条の精神を具現化した生活」を行っている方の実例を示していただきたい。その様な実例が有るのであれば「9条は有効性が証明されていない」との意見は取り下げましょう。有効性が証明されている憲法9条であるならば、平和主義の実現方法の一案として未来ある若者達に教育の場で説く事も、反対するものではありません。


シンペイさん
日本は欧州の国と比べても遜色無いほど豊かな歴史を持っています。
それがなぜ九州王朝の王を歌った「我が君」の改ざん品として、古今和歌集に入れられた「君が代」に歴史を収斂させなければならないのか。
私は大山巌の親戚でもなければ、薩摩琵琶歌にシンパシーを抱くものではありませんので、「君が代」に日本という共同体を重ね合わせることが出来ません。

えまのんさん
主権在民、平和主義、基本的人権の尊重は三大原則ですので、日本社会で生きていくうえで、最低でも教えないといけません。
逆に教えないという理屈の方が成り立たないですが、これらが個人の思想と相容れないのであれば、多数の支持を得て変えればいいだけです。それまでは墨守してください。

sv400s_dracinさん
アイルランドコールは良いですねぇ。
政治的には北アイルランドとアイルランドは分かれていましたが、アイルランド協会は一つだったので、代表の試合にはアイルランドコールを歌うようになったのです。
あとニュージーランドは「アエテアロア」の方が言葉の響きが好きです。
ちゃんとマオリへの配慮があって、試合前にはHAKAを舞う。
みんな試行錯誤しながら「気持ちよく歌える歌」を作ってきたわけですが、ぶっちゃけ政治的な押し付けが教育やスポーツにまで及ぶわけで。
中田英が君が代歌わなかったらバッシングされたり。
あれ以降、サッカーの代表選手が一生懸命「君が代」を歌っているのを観ると、ちょっと複雑な気持ちになります。


「日本の国歌は君が代。日本の国旗は日の丸。公けの場で国旗掲揚、国歌斉唱がなされる場合は、起立、正対するなど礼を示す」
は、国際的な儀礼慣習(マナー・プロトコール)ですね。

国際的な儀礼慣習を教えるのは大人の義務であって、それが国際的にも慣習として根付いているものならなおさらです。
「正しい箸の使い方」「朝晩の挨拶」「テーブルマナー」と同様ですね。


>「9条を守りましょう」
>は、憲法上必要な教育ですね。
憲法上は、9条を含め、憲法自体が然るべき手続きを踏めば変更可能ですが。
それを無視して墨守させるというのは憲法違反で、もはや宗教的なものなのでは?


桜のマーク
>キンピーさん へ
 桜のマークっていいかもです…あれは、結構かっこいい…ヤタガラスよりは、いろんな意味で身近かもしれない…そーいえば、ニュージーランドはシルバー・ファーン、イングランドはセント・ジョージ・クロスの白地に赤にユニフォームに赤いバラ…アイルランドは国家も歌わないで「Ireland's Call」でしたよね?(かっこいいんだ、これが…)…ここまでキンピーさんへ

話が変わって…
 私は国歌も国旗も、スポーツから見た象徴として必要だと思うんですけど…政治・思想で国歌や国旗をみたり、感じたことがないんですよね…意味不明・理解不能…スポーツが政治と不可分というのは、仕方がないですが、…だから、といって

>君が代、日の丸の本質、歴史を心でシッカリ捉えている人ならば、あの儀式(国歌斉唱)は受け入れ難いものがあると思いますが。

 こんなこと、言われると…なーに、いってんだか…そんなこと言ったら、キリがないじゃないか、 と…だからといって、起立しない事をとがめたりも、強制もしないが…日本の国歌のときは、起立しないとして、他の国の国歌の時はどうするの?って聞きたい…言いたかないけど…自主規制…
 自分の国歌(認めてないかもしれないけど)を信念として、歌わない、起立もしないのは、立派なのかもしれないけど…礼儀として、大人として、どうよ?っておもうわけ…他人を敬わない人に平和とか正義とか言われても、正直ちょっと、嫌だな…マナーとして、国歌のときも起立してほしい気がする…『歌え』とは言わないから…

>これって結局「信念によって教育現場で国家、国旗に反対する左の教師が多い」って事ですな。

 で、私はそんな先生、知らんけど…
 そんな奴は、しらんなぁ…私の学生時代の(20?年以上前の頃の)ほうが今より、ずーーーーぅと、日教組の組合員は多かったはずで、今よりずーーーと、影響力もあったはずだけど…日の丸と君が代の事でも一席ぶったれたような気がするけど、「でも、歌うな」とは、いわなんだなぁ…ほんと、知らんなぁ~、そんな奴は(思ったほど)おらんやろぅ…それとも、身近でそんな先生がいたり、見たことがあったんでしょうか?…っていうか、メディアが取り上げるという事は、とてもめずらしいからか、特殊って事じゃないの?…って、友達が言ってました…嘘です…冗談です…

あーあっちこっちにけんか売ってるぽいなぁ…私…打ち逃げする予定だから、質問、意見は却下…

 繰り返すけど、私は、いかなる場合でも単純なので、起立するし、(音痴だけど)歌う…ちなみに、スポーツの象徴としてなら、桜のマークってかっこいいから、わりと賛成…国歌でなくても、ひとつになれるっぽいのがあれば…君が代でも一つになれてるとは思うんだけどね…「Ireland's Call」のような…いいかな…
知らない人のために、Ireland's Callって、これです

youtubeより→http://www.youtube.com/watch?v=_81EmDZPw0k
こころなしか、「Amhrán na bhFiann」を歌う時より、「Ireland's Call」のほうが、盛り上がってるようです…成立の詳細は、ここ(http://rugby-worldcup.jp/nations/ire/)を参照してもらえれば、わかります


同感ではありますが
強制は関心しません。しませんが・・・・・・
むしろ「君が代や日の丸に敬意を払うな」と「教育」ないし「強制」する教師って
けっこういませんか?
私の知人のおいは「日の丸を否定しない、つまり日本の悪行を反省しない人非人です」と
さらしものにされて登校拒否になりましたが。
あと「近代国家」と称されるような国で法律で国旗と国家に敬意を払うべき」と
定めてない国ってありますか?
あと本来唾棄すべきなのはあの時代の「俺がアジアの野蛮人どもを救ってやる」などと考えて
周辺諸国への侵略をはじめた阿呆共であってただの旗やただの歌に悪感情を抱くのは
ちと違うのではないでしょうか。

>キンピーさん
>国歌としてたかだが200年の歴史
それ以上の歴史を持つ国家のある国ってどこですか?
わたしが調べてみた所せいぜいポーランドの「ドンブロフスキのマズルカ」や
ドイツの「ドイツの歌」が1800年前後に定められた位しか見受けられませんが。

あと薩摩と『古今和歌集』ってなんか関係あります?
内容も例えばフランスの「ラ・マルセイユーズ」なんかの「殺せ殺せ敵をぶっ殺せ」な内容の国歌より
よほど上品で穏やかだと思うのですが


起立させないなどの指導はマナーという観点からNGですが、
「日本の国歌は君が代。しかし歌う歌わないは自由」
「9条を守りましょう」
は、憲法上必要な教育ですね。
また自分の共同体の歴史を教えるのは大人の義務であって、それが郷里にまつわる歴史ならなおさらです。


>「会場では国旗が掲げられ、国民は意気揚々と国歌を歌っていた。うちでも子供たちに歌わせた。教育現場と国民の感覚はずれている。国旗、国歌は日本の象徴であり、しっかりと教えるべきだ」

これって結局「信念によって教育現場で国家、国旗に反対する左の教師が多い」って事ですな。
国旗国家は信念ではなく国の象徴です。ようするに「知ってなきゃいかん事」、「しかるべき時には歌い、掲揚しなければならない」んです。
そこはきっちり学校でも家庭でも教えないと恥掻きます。

それなのに信念を持ち込んで反対する教師の多い事。
そのせいで自由に歌ったり掲揚したり出来ない学校もあります。
橋下知事は現場があまりにも酷い状況だから普段から思ってた事を言っちゃっただけでしょう。
知事にこの台詞を言わせてしまった現場の人間は恥じるべきだと思う。

私としては「教師はできるだけ教育現場に個人的信念を伝えることを自制していただきたい」というのが本音。


こんにちは
君が代、日の丸の本質、歴史を心でシッカリ捉えている人ならば、あの儀式(国歌斉唱)は受け入れ難いものがあると思いますが。

善い人間が集まり良い社会が出来、良い社会が合わさって良い国が成り立ちます。
結局、それが「国を愛する」という事で、つまり、国を愛する=人を愛すること、という事です。
善い人間が他国を虐げる事をする訳が無いですし、寧ろ、他を助ける事に幸せを感ずる人間である筈です。

「国歌とか国旗」に自己のアイデンティティを求めるのではなく、自分自身の生き方に自信を持てるようになる事です。


政治思想団体ならびに労働組合は教育現場にその団体の信念を押し付けるのを自制すべきなのでは?
お玉さまの仰ることはごもっとも。

 とはいえ、右も左もお互いに自制されていない故に、学校教育に「信念の押し付け」がしばしば起きるのではないでしょうか?

 例えば沖縄ではこんな例がありました。
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-06-19_7377/
(以下抜粋)
”一方で、正答率が11・9%にとどまった復帰の年は、無回答と「わからない」の合計が77・9%(誤答10・2%)。復帰の月日を5月15日と答えられたのは14・3%で、無回答と「わからない」の合計は77・1%(誤答8・6%)だった。
 また、沖縄の米軍専用施設の割合を全国の約75%と正答できたのは50・3%。基地の撤去、整理・縮小の計66・3%と合わせ、新城代表は「普天間問題が注目される最中で予想より低かった」とし、「基地形成の歴史的経緯や実態が伝わっておらず、生徒たちの抵抗感が弱い」と分析している。”

 戦後の歴史を教えるのには異論はありません。
 しかし、なぜ「生徒たちの抵抗感が弱い」と新城代表という方は仰るのでしょうか。
 もちろん、米軍機の騒音は煩いですし、米軍に対して不満を持っている人は少なくありません。
 とはいえ、人それぞれ立場(たとえば、親が米兵だったりとか、あるいは米軍基地で働いていたり等等)というものがあり、米軍に向かって抵抗感がある人も、あるいは無い人もいても当然でしょう。
 新城代表とやらは、それら人それぞれの立場を無視して、「平和教育を受けた生徒は、米軍に向かって抵抗感を育まなければならない」と言っているようなものです。
 これでは、「国旗、国歌は日本の象徴であり、しっかりと教えるべきだ。」と仰る橋下知事と、精神構造の面において、一体どれだけの違いがあるのでしょうか?

 まあ、右であろうと左であろうと、「信念の押し付け」を企む人間のホンネくらい、高校生にもなると見抜けるものなので、体よくあしらわれるのがオチだと思って安心してはおりますが、言っていることが余りにもアホっぽいもので……。
 橋下知事に嫌悪感を持たれたお玉さまは、この沖縄での話をどのようにお考えでしょうか?

 私としては、とにかく大人なんだから、「とりあえずこういう歴史を教えました。あとはご自由に皆さんで考えてください。」というくらいの度量で、先生は生徒に向き合って欲しいものです。

 あと、学校での国旗・国歌ですが、右であろうと左であろうと大人は「信念の押し付け」的な介入を一切せず、生徒自身が保護者(もちろん、保護者がロビー活動するのはNG!)の多数決をとり、揚げる・揚げない、歌う・歌わないを決めれば、一番カドが立たない民主的なやり方だと思います。
 


何だかな…
 「首長は教育現場に個人的信念を伝えることを自制しよう」
 うん。良いでしょう。

 でも、いわゆる9条な方々は、首長の様に「選挙に勝つ(=多数の民意の支持を得る)」という背景を持たない一個人が、教育現場に個人的信念を伝えることを黙認してきたよね。言わずと知れたサヨク教師どもの事だけど。

 サヨク教師による『教育現場に個人的信念を伝えること』は、最低でも首長による『教育現場に個人的信念を伝えること』と同等に、民意を得た存在でないという背景を考慮するならば、首長によるそれ以上に批判される対象であるはず。

 「橋下知事が気に食わない」のは別にどうでも良いけど、原因と結果が転倒していると感じる。

 「教育現場に個人的信念を伝えたから、橋下知事が気に食わない」のではなく、「橋下知事が気に食わないから、教育現場に個人的信念を伝えた事を批判している」のでしょう。


sv400s_dracinさん

国際的には記号が必要な時がありますから、象徴は必要でしょう。
しかしそれには「合意」というものが大事なのではないでしょうか。

http://www.ne.jp/asahi/box/kuro/report/hinomaru.htm
積極的に君が代(支持率70%、消極的支持含)を歌うことを必要とするならば、積極的な支持が必要です。
それとは別に各国(日本含)のシンボルに敬意を示すことはマナーですので、それを教育現場でするかどうかは別にして、起立することや国家が流れている間は私語を慎む事はマナーとして教えた方が良いでしょうね。
ま、普通こんなものは家庭ですることだろうと思いますけど。
あと、国旗とか国歌は後からでも作れるわけで、今回W杯の舞台である南アフリカの国歌もアパルトヘイト廃止以後に新しく作り変えられました。
もちろんこの場合も合意が大事です。

あと私が観るスポーツは桜のマークが多いので、日の丸が必要かどうかあまり考えたことがありませんし、他の代表のほとんどのユニフォームは国旗なんて入っていません。
そういうわけで国旗なんてものも何かのマークがあれば問題無いかと。
いや、逆に抽象的な国旗より、桜とかシルバーファーンとかスプリングボクとかワラビーのマークの方が共同体をより明確に連想させますので、そっちの方が良いと思います。
ちなみに私は薩摩の人間ではありませんので、「我が君」の改竄品である「君が代」は歌いません。
国歌「君が代」の成立過程で国民的合意などありませんでしたし、国歌としてたかだか200年の歴史しかありませんし。
でも、歌いたい人の気分を害さないように静かにはしていますが。


凹んだら、そこに水は満ちるのは世の常であって、負けるということはそれほど悪いことではないと思います。
っで、「太上、下知有之」と言われるように最も優れた君主(指導者)は存在を知られることは無いと。
今回W杯の日本代表チームは選手の弱さの自覚の上に、岡田監督が乗ったから選手が自覚的に動いたのだと思います。
指導して従わしたとしても選手と乖離があれば、ただの「指導待ち」の選手にしかなりませんから、選手がゲームの中で自分で判断することを止めてしまうわけですね。
こういうチームは弱いわけです。

さぁて、、と。橋下ですか。
ま、基本は自分勝手で我侭なヤツなんで「さもありなん」といった感じです。
日の丸を掲げ日の丸を歌えば「日本人」になるわけじゃないんですね。
自分が居る共同体を肯定的に自覚したり、また逆に反省的に自覚することが、日本という共同体の一員になるということなんですね。
感覚といえば40年ほど前の田舎の人は原風景の中に共同体を感覚として持っていたので、根無し草の集合体である都会人より、ずっと自信に満ち溢れているわけです。
前代表監督であるオシムさんは東京オリンピックで選手として日本に来日した時、束の間の休息を利用して府中までサイクリングに出かけたそうですが、街角で出会ったオバチャンはユーゴスラビアから来た見ず知らずの大男を家に招きいれ、お茶をふるまったそうです。
大胆というかこれは自信の裏返しでなのですが、その時オシムさんはオバチャンの自信に満ち溢れた立ち振る舞いに「日本てスゲー国だ」と思ったそうです。
今は共同体をぶっ壊されて田舎の人も自信をなくしてしまったのでしょうか?ちょっと興味のあるところです。
っで、教育現場に「お国の象徴・日の丸君が代」のご指導をいただけるそうで、橋下大阪府知事殿は指導待ち人間を量産させて何をするつもりか知りませんが、【象徴とは何かに先立って存在するわけではありません。】
先立つ存在を功利的に破壊しまくった政治思想の系譜にいる人間が「日本の象徴」を指導するということは、西欧化のために伝統共同体を破壊し、「自立した市民」を作り上げ「お国の象徴」を捏造し、その象徴によって縛ろうとした「いつか」の「どこか」の国の支配者層と同じです。


お好きなように…
>お玉は昔から一貫して国家は自由に歌いたい、国旗は自由に掲げたい

私もそうです…強制するって性に合わないんです
 …ただし、私は保守的なので、普通に歌います…日本戦では、「君が代」をTwitterに入力しながら、スカパー見てた…声に出して歌うと、ワールドカップにまったく興味がない熱狂的な阪神ファンの連れ合いに「私は寝てるんや、やかましい、どうせ、まけるんやろ、早よ、寝…」といわれる事は必然なので…鈴鹿サーキットでも、「国歌斉唱」があったけど、周りは立ってなかったが、私は立って歌ってた…言ってみれば、条件反射だ…
 で、それは「君が代」だから、歌う歌わないではなくて…単純に「国歌斉唱」の式典なのだから…「君が代」が国歌でなければ、すぐ忘れるとおもう…国家だから、うたってるわけ…サッカー大好き大バカ親父としては、日の丸だからでなくて、それが、国旗だから、象徴として必要なわけ…JFAのヤタガラスでも、ぜんぜんかまわない…

>「首長はできるだけ教育現場に個人的信念を伝えることを自制していただきたい」

 個人としては賛成だけど、じゃ、国歌斉唱はなくてもいいの?国旗は「日の丸」じゃだめなの?とはおもうけどね…色々あるのはわかるけど…でも、サッカーには、必要なんだよね…入場のとき、ヤタガラスだと、なんだかねぇ?気持ちがのらんのよ…



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

選挙戦もあと少しとなっとるみたいやけど、昨日付の産経世論調査で嬉しい数字があった。 [産経本社・FNN合同世論調査] ・米軍普天間飛行...
ストップがかかったけど、せっかく計算したからトラバ用にアップ。 ここでひょんな事から米軍犯罪の話になったんやけど、どうしても米軍犯...
追記あり。2日、安倍の応援演説部分。 「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の 2つのランキングに参加しています。 それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック して頂けると幸いです。  ← まず、ポチっと、お願いします。 にほ...
お玉さんとこでsv400s_dracinさんから教えていただいたラグビーサイトを見てたら大事なこと思いした。。 同居人に「DVDを買え」と言われてた...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。