2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
国歌は自由に歌いたい、国旗は自由に掲げたい2
 近しいマニアな人から、お玉がコメント欄荒れてもいいから、書こうとまた思えるようになってよかったねと言ってもらいまして・・・やっとこれからのブログの方向性が見えてきたかな。そんな気持ちなの。

 さて、伯爵様へのお返事をかねて・・・

今時の卒業式入学式は、「国歌斉唱です、ご起立願います」という形ではまずやりません。国歌斉唱をする前から来賓お挨拶のときから職員も保護者も子供たちも「立っている」のです。

いったん立ってそのまま君が代に入るので、お玉のようなへたれは違和感を覚えつつもそのまま立ったまんま。なんとかみんなが立っている状況を作り出そうという苦肉の策・・だろうなあと思います。教頭先生は大きな声で歌うけど、校長先生は聞こえないような声で歌っていたり、先生方も声の大きさがまちまち・・

公務員だから従うべき・なのでしょう。でも東京のように口の開け方にまでこだわるような教育機関のあり方が正しいとはお玉にはどうしても思えなくてね。

反対派のやりすぎた教育もだめだと思ってる。

だから国歌は自由に歌いたい。ワールドカップのように自然にみんなが歌いたいという気持ちで歌う、そういう心こそが大事なのであって、そういうものは国歌が嫌いな人が引き止めても止まるものではないとお玉は感じる。中国や北朝鮮のように一糸乱れず国民みんなで国歌を歌う、その様子を「美しい愛国心」とはお玉は思えないから。

国歌や国旗の話をすると、どうしてもみな肩に力がはいって、右派の一部は脅かすような乱暴な文章を書いてきたり、気がおかしいということをもっときつい言葉で書いてくる。(も、そういうのは表に出さないって、言ってるのにねえ)左派だって、君が代を歌う人たちのことをものを知らない非常識な人扱いしたり、忌み嫌ったりする。

だから普通の人たちは、国歌の話も国旗の話もリアルになかなか話せなくなる。

歴史的な背景を語りたい左派にとっても、愛国心を語りたい右派にとっても要の部分のはずで、だからこそ、冷静に分析した議論をしたい(してほしい)なあとお玉は感じる。

関係ないけど、今元防衛省の方々の対談のお仕事に関わってるけれど、お玉が驚いたのは抑止力の話なんかは、左派的な考え方のように思える話もたくさん出てきて、世論や政府の考え方のおかしい部分もきちんと分析しつつ、防衛や抑止力の必要性も語っている(詳しいことはまだ書けないのですが)。ただただ防衛と抑止の話を押し進めてくるのではなくて、いい部分、だめな部分をキチンを話せてこそ、人の心に響いてくるんだと感じました。



人気ブログランキングへ  ←ぽちっとお願いします~~

 
Secret
(非公開コメント受付中)

ライ麦狼さん へ
>マラドーナがピッチに立てば、きっと勝っていたと思いますっ!!

 私も勝てたと思います…そーいえば、帰国したアルゼンチン代表を空港に迎えたのは、1万人のマラドーナへの続投コールだったそうですが…なんで、岡田続投コールは出ないんだろう…って、「岡田批判を繰り返した男達」の一人の私にそんな資格はないけど…中途ではなく、一度は4年間をやらせてみたい…

 リンク先の「萌えてわかる-「世界の国」事典~全世界74人の美少女キャラでみる地理・政治・経済~-造事務所」を見ました…http://www.amazon.co.jp/萌えてわかる-「世界の国」事典~全世界74人の美少女キャラでみる地理・政治・経済~-造事務所/dp/4331514234

 SF好きの私は「萌え萌えクトゥルー神話事典(http://www.amazon.co.jp/萌え萌えクトゥルー神話事典-クトゥルー神話事典制作委員会/dp/4861461707)」という爆笑の題名を見つけました…ラヴクラフトの架空世界を「萌え萌え」ですか…完全に笑いツボです…また、ラヴクラフトを読みたくなりました…ありがとう

>皆さん、何故か”1930~45年ごろの極東域”ばかりスポットを当てて、その他の地域・その他の時代を無視・軽視している気がします。

私もそう思います…そこを端折るというのもどうかと思いますけど…

>君が代、日の丸の本質、歴史を心でシッカリ捉えている人ならば、あの儀式(国歌斉唱)は受け入れ難いものがあると思いますが。

 こんなこと、言う人に脊髄反射で…なーに、いってんだか…そんなこと言ったら、キリがないじゃないか とコメントしてしまったほどです…ただ、「合意形成が必要だ」と、主張される意見というのはわかります…君が代がなぜ国歌なのか って、実は考えた事がありません…そんなものかな と…日の丸にしても同様です…

>大合唱するには、ちょっと向いてないという点のほうが、よっぽど問題な気がします。

 どうなんでしょうか…向いてない事もないような、私は一体感があったように思いますし、わかりません……フーリガン化するには、ちょっと落ち着きすぎかもしれない…

>「君が代」「日の丸」に反対する人は、上記のようなシチュエーションでもっとぴったりな歌やマークを、持っていたりするのでしょうか?

でも、サッカー応援歌で変わる歌って、『翼をください』ぐらいしか思い浮かびませんねぇ…国歌っていうと、違和感があるかな…マークはヤタガラスか、サクラのマークでしょうか…
 どなたでもいいから、あるなら教えて欲しいですよね…


アキバblogとか 
>アルゼンチンはなぜ4-0で負けたんだぁ~

マラドーナがピッチに立てば、きっと勝っていたと思いますっ!! 仮にルール改定があり、監督がゴールを決めてもかまわない・・・となっていたなら、アルゼンチンが最強だったでしょう。

サッカーと国歌を絡めるなら、「君が代」では、フーリガン化してお酒や脳内麻薬・脳内じゃない麻薬でハッピーな状態となり、皆で肩を寄せ合い商店のガラスを叩き割りながら大合唱するには、ちょっと向いてないという点のほうが、よっぽど問題な気がします。

「君が代」「日の丸」に反対する人は、上記のようなシチュエーションでもっとぴったりな歌やマークを、持っていたりするのでしょうか?
もしくは実体験として、国際試合に出場・応援した時、「君が代」「日の丸」よりもぴったりな歌・マークがあった、というエピソードなどありますか?
もしそーいった歌があるならば、「俺の歌を聴けーーっ!!」的に熱唱すれば良いのに、と思います。


「歴史教育の重要性」と耳にしますが、多くの左派にしろ右派にしろ、本当の意味での歴史を熟知している人は少なそうに見えます。
皆さん、何故か”1930~45年ごろの極東域”ばかりスポットを当てて、その他の地域・その他の時代を無視・軽視している気がします。

今の若者が「なんで日本は戦争したんですか?」と質問したとしても、第1次大戦から真珠湾までの国際情勢を加味して、ちゃんと返答できる左派・右派は少ないと思います。
また、左派・右派の中心的年齢層と若者の年齢分だけ時代をシフトして、仮に「何で日本は日露戦争したんですか?」「なんでバルカン戦争がおきたんですか?」と質問されても、ちゃんと答えられないと思います。

そーいった質問に答えられるのは、しきりに左派・右派を自称する人達・一部の民族主義者ではなく、擬人化や萌えや物語から入ったとしても、社会科や歴史が好きな人達だと思います。
という事で、ヘタリアほどではないですが、擬人化モノをご紹介。


萌えてわかる!「世界の国」事典~全世界74人の美少女キャラでみる地理・政治・経済~
http://www.amazon.co.jp/%E8%90%8C%E3%81%88%E3%81%A6%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B-%E3%80%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%80%8D%E4%BA%8B%E5%85%B8~%E5%85%A8%E4%B8%96%E7%95%8C74%E4%BA%BA%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%81%A7%E3%81%BF%E3%82%8B%E5%9C%B0%E7%90%86%E3%83%BB%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%83%BB%E7%B5%8C%E6%B8%88~-%E9%80%A0%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80/dp/4331514234/ref=pd_sim_b_14

「この商品を買った人はこんな商品も買っています」のリンクをたどれば、他の分野の入り口にもってこいなモノも見付かるはずですし、割りと擬人化モノはアキバblogで紹介されていたりしますよ。


余命あと三十年
 伯爵さんの仰るとおりでしょう。
 10年、20年のスパンではかろうじてくすぶっているかもしれませんが、30年後には完全に鎮火しているでしょう。

 さて、ここに日の丸・君が代反対論者と、それに疑問を投げかける高校生との、面白いやり取りがあります。
http://potthi.blog107.fc2.com/blog-entry-874.html#cmt
 要するに、人民を戦争に駆り立てる暴力装置である国家、それを打破する為の行為の一環なのでしょうね。国旗・国歌反対運動というのは……。
 とはいえ、この高校生の質問者はお礼のコメントで、こんなことを述べております。

「反対派の意見を見るとやはり『戦争』という単語が出てきました。
そこで更に疑問を抱いてしまったのです。
 戦後生まれの人がどうしてそんなに『戦争』に執着できるのかと。
 どうして君が代の歌詞だけで、戦争を体験していない世代の人たちが不快な思いをするのか。・・・・・・」

 まあ、そりゃそうですわな。
 私だって同じ思いですから。
 なぜなら、日本がもし戦争をするといっても、それはアメリカや国連などの要請に『巻き込まれた』形での戦争参加であり、『戦前のような全体主義国家の暴走により日本が侵略戦争をする』というシナリオなんぞ書ける訳が無いんですから。
 『天皇制を利用した権力者によって日本が戦争が出来る国になり、その権力者はアメリカに追従しました……、』なんてシナリオ、どう考えても苦しいですわな。
 
 でも、日本だけでしょ。
 ここまで組織的、かつ大々的な国旗・国歌反対運動があった国って……。 
 結局、そのような世界に稀な国旗・国歌反対運動というのは、天皇制という世にも稀な国歌制度があるが故に起こりえた、大変レアな社会運動だったのかもしれませんね。
 
 とはいえ、この質問者の高校生も私も、「やはりまだまだ勉強不足だとわかりました。」という身分でありますが、世の中にはもっと強敵がおります。
 つい先月、ある研修場所にむかう車中で、ヘリが落っこちてえらい騒ぎになった大学を卒業した同僚と、選挙のマニフェストについて話をしていたら、彼はこんなトンデモ発言を致しました。

「衆愚代表さん。沖縄に米軍基地があるのは日本が戦争に負けたからってのは学校で習いました。だけどなんで日本は戦争したんですか?」

 ……、いや~、吹きましたね~w
 あんまりにもあんまりな発言なので、
「沖縄の人って、そういうのにみんな詳しいんじゃないの?」って、聞き返したもの……。

 彼曰く、「昔は興味が無かったので、歴史の授業なんて全然聞いていなかったけど、今は少しだけ興味があるんで、何から始めていいのか教えて下さい!」との事。
 仕方がないんで、こんなのを見れば、とりあえず掴みはいいかもと言って、『ヘタリア』(http://www.geocities.jp/himaruya/hetaria/index.htm)というのを紹介しときました。


 『30年後には完全に鎮火している』というのは、要するにこういうことなんですよね。
 沖縄人だろうが、アイヌ人だろうが、本土の人だろうが、若者は概して過去の歴史に対して興味が無くなっています。
 沖縄歴史教育研究会と高教組がやっきになって平和教育に取り組んでいる(http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-06-19_7377/)のは、彼のような生徒が大勢いるからなのでしょうね。
 そして仮に興味があるとしても、この『ヘタリア』みたいに国家や戦争などを擬人化して、しかも若者に大人気になっているという現象が起きています。
 質問者の高校生は国旗・国歌反対運動家のご意見にちっとも賛意を示しておらず、私もまた同様ですが、もっと弁のたつ人ならば、まだ私たちを転向させられる余地があるかもしれません。
 しかしこんな歴史に興味の無い若者や『ヘタリア』好きの若者を相手に、国旗・国歌反対運動家は一体どんな言葉をかければよいのでしょうか?

 過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる?

 しかし私の同僚は、未来に対しては盲目かもしれませんが、現在のところ仕事は私以上に出来る人です。

 「日の丸・君が代」の問題は「民主主義の一番の基礎にかかわる問題、『少数者』の権利確保にとって致命的な問題」。
 などという意見もありますが、別に彼は沖縄人として『少数者』という意識を持っている様子は微塵も感じませんし、私だって彼を異民族として接するなんて、これっぽっちもしておりません。
 というより、そんなことに気を廻しているくらいなら、仕事に気を廻せって話です。
 ちゃんと自分たちの国歌を持っている在日朝鮮人ならいざ知らず、今の沖縄の若者がどれだけ民族について意識しているかって話ですし、また今の本土の若者がどれだけ沖縄出身の若者を異民族だと意識しているのかって話です。
 そういう意識が廃れると、「『少数者』の権利確保」なんてまるで意味の無い話です。
 そんなことより、「『貧困者』の生存権確保」というのが、よっぽど沖縄・本土問わずして要望されるってもんです。

 はっきり言って後継者不足です。
 実質的にはブルジョワ級の待遇を持つ国旗・国歌反対運動家の『啓蒙』を、今の将来不安を抱えて必死に生きる若者がどれだけ受け入れられ、後継者に仕立て上げられるのかって事です。
 現に、たとえば雨宮処凛さんなんて、国旗・国歌反対運動なんて、ちっともやっていないじゃありませんか?
 雨宮さんの賛同者や後継者は流石にいるでしょうね。

 『多数派の意思によってつねにマイノリティー化されてきた思想や歴史経験や心情が侵されない社会の構築』という、大変素晴しいが、もはや古すぎて乾酪変性してしまった政治運動なんて、後継者不足により余命あと30年といったところでしょう。
 そして晴れて、日本の左派の運動化の論説は、欧州並みに論理的なものとなるかもしれません。


http://gushou.blog51.fc2.com/
>歴史的な背景を語りたい左派にとっても、愛国心を語りたい右派にとっても要の部分のはずで、

左派のいう、もしくは右派のいう「歴史的背景」って、日本の歴史のどのあたりからを言うのでしょう? そんでもって、歴史とは何を指しているのでしょう?

どうもね、右も左も歴史というと制度史、つまり支配者の歴史のことだけを指して言っているみたいですね。私はそれは片手落ちだと思いますよ。国民あっての国家なんだから。右はともかく、左はそう考えますよね?

であるならば、歴史的背景とやらは、「民衆の精神史」が主軸でなければおかしいんでないの? と思います。9条も君が代もそこから語らなければ。

というわけで、よろしければこちらのエントリーをどうぞ。
http://gushou.blog51.fc2.com/blog-entry-381.html


嫌って思っちゃダメなんだ…
 ちょっとショックだ…公的であろうが、私的であろうが、(どんな理由だろうと「嫌だと思」っても、いいじゃないかと)意見表明してもいいと思ってた…たかが、国旗じゃないかと、たかが国歌じゃないかと…私は起立するし、歌うが…それくらい、いいんじゃないかと…ただし、意見表明をしたがためになんらかの圧力や罰則があろうとは想像がつくけど…それはそれ、これはこれってことで…エントリーとはまったく関係ないけど、私としては「たかが、9条とも、思ってますけどね」…金科玉条じゃあるまいし…以下自己規制中…
 西欧に比べて、お仕着せの民主主義だからなんでしょうか…国歌や国旗の歴史への理解が曖昧だからなんでしょうか…歌う、歌わない、起立する、起立しない、って瑣末で、なんてくだらない話なんだと、ふと思いました…
 私はこのエントリーは、単純に「ちょっと、国歌や国旗の背景も考えてみませんか?」と問いかけてるんかな、と、たしかに言われてみれば、お仕着せかもしれないな、と考えるくらいいいかな、思ってます…荒れる前に同じエントリーを連続してあげれば、コメントが荒れにくいという戦術かと…「合意形成」って、大事なんだろうか…
 で、スポーツや学校行事以外で、公的に国旗掲揚がある場面に出くわしたことがないけど…どんな場面だろうかと考え中…国会ではある?委員会では?…○○党の公式行事だと、やっぱりあるんだろうか?…××党はないのかな?▽野さんとか、■原さんとか、こー言うこと煩そうだから、あるんかな…警察官僚だった▼井さんとこはあるんだろうなぁ…たちがれ…もとい、立●上■×日■は間違いなくあるんでしょ?…○▽党だと焼いちゃうとか…以下永遠に略…


統一言語や国旗・国歌はブルジョア社会形成において必要であるというだけの意味しかありませんので、左側にいる私としてはさほど必要性は感じられないのですが、そういう私的な立場を横に置いて話をしても、国旗・国歌のもつ「意味」と「合意」は重要でしょう。

sv400s_dracinさん
スポーツで国を1つにしようとする試みはよく有ることですよね。
どの国も紆余曲折しながら努力しているのですが、日本の場合「受け入れがたいもの」と感じている人がいて、一方ではそれを放置してなし崩し的に押し付けようとする人たちとの間に和解が出来ないことが問題なのだろうと思います。
西欧の血みどろの歴史から比べれば、比較的温和な地域なのですから努力すれば乗り越えられるはずだと思うのですが。


「日の丸君が代」が気に食わないというなら、代えれば良いだけの話。それこそ多数決で決めればいいんじゃないのだろうか?

ただし、「自由に歌いたい、掲げたい」というのはTPOこそが大切。
国旗国歌は、その国・国家という「目に見えないが、存在するもの」を、「その存在を、共通して認識できるように示したもの」である。国旗国歌は、それ自体に意味があるのではなく、その背景にこそ意味があるのであって、これを嫌悪することは、実は「その国・国家、場合によっては国民に愛着がない、国家の構成員となる責任感がない」ということを意味する。
ゆえに、公的な場所、公式な時間、公的な場合において『国民としての意識』を体現すべき事項に関しては、「嫌だと思う」方が大問題だと思わなければならない。

いろんな理屈をつけて、こうしたことを批判したり非難する人もいるが、世界の民主主義国家の状況を観察してみたらいい。日本ほど愚かな理屈をつけて「国旗を掲げなくてもよい、国歌を歌わなくてもよい」などと言っている国や国民などいない。

民主主義国家の構成員は『国民』である。主権者自身が、その国家への忠誠心がなくて、どうして健全な民主主義が築けようか。民主主義を唱えている人ほど、民主主義を瓦解させる思考をしているのは皮肉である。


>歴史的な背景を語りたい左派にとっても、愛国心を語りたい右派にとっても要の部分のはずで、だからこそ、冷静に分析した議論をしたい(してほしい)なあとお玉は感じる。

左派はそうみたいですが、それ以外の人は礼儀とか教師の反対とかを問題にしてるように見えますが。

というか国旗、国歌とはこういうものだ、しかるべき時には掲揚し、歌わねばならない事もあると教えないと、他の国で恥を掻く事になりかねません。
「国旗、国歌は戦争に使われたから反対」という人は他国の国旗、国歌にも適用するでしょうし、適用しなければダブルスタンダードでしかありません。
でも他国の国旗、国歌に関してケチを付けたという話は全く聞いた事が無いんですよねぇ。


歴史的背景を知らない
 君が代って、そんなにまずいんでしょうかねぇ?…
 ちょっと、ゆるい気がするけど…ゆるいから、盛り上がりに欠けるっていうのは、聞いたことがあるなぁ…っていうか、スポーツから見た国歌、国旗を話してるのは、私とキンピーさんしかいないんかな…国歌や国旗が身近に感じるのはスポーツしかないんだけど…
 アイルランドが国歌を流さなかったワールドカップの試合(日本ではBSで放送してたような記憶がある)や「Ireland’s Call」を始めて流した試合(スカパーで放送した)もうっすらと見た記憶がある…武力紛争の絶えない南北アイルランドが、政治的あるいは宗教的垣根を超えて同じチームを形成するのがいかに大変なのか、その際、国歌や国旗というシンボル一つとっても、大変なのはわかる…紆余曲折あったはずだし、今も、あることは知っている…サッカーのフランス代表チームだけでなく、オランダは(伝統的に)人種間でよく内輪もめをする…スペインは所属チームがマドリーかバルサかでよくもめる…ユーゴはついには国が分裂した(元々別な国だったから、戻ったんかな)で、思うのは、それと比較して「君が代」ってそんなに耐え難いほどの問題?…私も、「国歌斉唱♪---「君が代」と世界の国歌はどう違う?」でも読もうかな…ワールドカップが終わってから…

っていうか、アルゼンチンはなぜ4-0で負けたんだぁ~私はミック・ジャガーか(わかる人にはわかるネタ)…パラグアイvsスペイン戦まで起きていられるのか…私は…


お玉おばさん
 この問題はこれから年々下火になっていきますよ。
 反対派の教員は定年退職していきますし、若い教員は国旗国歌に違和感持ってないですから。保護者として出席する反対派は、お客さんだから別に立たなくても歌わなくても何の問題もないし。
 二十歳過ぎた学生は、大人なんだから自分の考えで行動すればよいことだし。

 10年後にはほとんど問題にならなくなってるでしょう。20年後にはきっと、何が問題で揉めてたのか誰もわからなくなってます。
 私なんかが、全共闘って何をしたかったのかもう理解できないように、昔話になることでしょう。


国歌を自由にうたうということがそもそもおかしいのでは?国家統合の象徴と言うのは独裁国家よりもむしろ民主国家に必要なものです。というのは民主制においてすべての構成員が国家=共同体をよりよくするという意識がなければ成り立たないからです。国家をよりよくするというのはまさに愛国心ですね。それを皆で確認しあうのが国旗にたいする忠誠であり、国家斉唱です。愛国心がある者同士だから右も左も互いの考えを尊重できるのではないでしょうか。左派は歴史を語りたい、右派は愛国心にこだわると決め付けられていますが、民主制において愛国心を前提としない主張は右派左派問わず受け容れられえないのでは?また、共同体のシンボルを好き嫌い言うのもおかしいことです。大多数の人間が違和感を覚えるならともかく、消極的な賛成を含めて大多数が受け容れているのが現状です。


礼儀の問題
・公的な場所で国旗を掲揚し国家を歌う
何が問題なのでしょう?

何故、学校でこのような事をするのかと言えば
公的な場所での国旗・国歌に対する対応を学び、そし
て実践しているだけです。

つまりは単純なTPOの問題です。

管理人さんの主張はサラリーマンが会社の式で社歌を
歌いたくないから歌わない、社章が気に入らない、と
主張しているようなものです。
世の中何時でも自由に行動できる訳ではありません。

その事を教育現場で教えているだけです。


「国歌を歌え」という職務命令は違憲とは言い切れませんが、それが良心・宗教・民族的な理由で嫌だという教師に対しては違憲と判断される可能性がある問題です。
ま、裁判官もしょせん公務員ですから時の権力の意向に影響されるわけで、政治が変われば違憲判断が連発されることもあろうかと思いまので、ここは固定的に考えない方が良いと思います。

で、国歌を自由に、できれば皆で歌いたいと思う私は、常々第一国歌、第二国歌と使い分けすれば良いのでわ?と思うわけです。
君が代は皇室の行事や神道的色彩の強い行事、そして君が代が好きな人たちが集まるグループで歌えば良いわけで、スポーツや学校行事・国民的行事には皆で歌えるものにしてもらいたいですね。
良心・宗教・民族的配慮も無く、「歌わせる」という行為を強要することは、もはや民主主義国家ではなく、仰るとおり支那俗物党や北朝鮮独裁党と同じ思考です。
しかしまぁ最近の学校行事では立ったまま君が代斉唱に移行するわけですか。。
先生方も苦肉の策だろうと思いますが、マナーをすっ飛ばして「立たせること」「歌わせること」が目的化してますね。
卒業式で来賓の方々に「立たないでください」「歌わないでください」というのと同じで大事なところが欠落しているように思います。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

午前中、糞忙しい時間に非通知の電話があった。 電話をとってみると「FNN電話調査でございまーす」やて。 電話調査? ウヒョ!ヒョヒ...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。