2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
伝えることは難しいね
>平和を願っているブログで報復の思想には驚きました。

お玉の書きようが悪かったのだとおもい、記事を何度も読み直したのですが、そんなつもりの内容ではないんだよね。
防衛のプロたちは、さほど中国や北朝鮮を「脅威」とはおもってなくて、昔のアメリカロシアの緊張関係の頃の論理や「脅威論」では今の軍事は語れないということを何度も話してくれてます。それよりもテロによる核の利用の方が怖い。(なので、うちにきて、「脅威論」のみをやたらあおる方が時々いるけど、それ、時代遅れでだとお玉は思う)

でもそういう話って、左翼がいくら話しても一般的には伝わりにくい、それは右翼が核武装や、報復論を話すのと同じで、軍事のプロのお話ではないから、みんな聞く耳を持ってくれない。お玉はそう感じます。

そういう面を、実は自衛官の人たちや防衛省の人たちが、こんな風に考えているんだよって、伝える中で、みんなが考えるきっかけになればいいなと思ってます。

お玉んところは、もう、今は平和ってええなあとを話すだけの場所ではなくなっているから、平和主義者が見たくない、聞きたくない話も結構書こうとしているから、うまく伝えられないことも多いかな。

ただ、お玉は攻撃を受けても報復はいっさいしないという考え方ではないので、もう既に、平和主義者ではなくなっているのかもしれない


人気ブログランキングへ  ←ぽちっとお願いします~~
 
Secret
(非公開コメント受付中)

抑止力論に対する態度が左翼、右翼の基準でしょう。
冷戦後、つまり今現在で左翼・右翼を定義したら、こうでしょうね。

 左翼:核抑止力論否定、軍事的抑止力論否定。ただし、軍縮の過程での日本国に対する軍事侵略による国民の人命を防衛する戦争は否定しない、または、肯定。

 右翼:核抑止否定しない、または、肯定。軍事的抑止否定しない、または、肯定。

 要するに、抑止力論に対して、どのような態度を取るかで、軍事上は、右翼と左翼に分岐するでしょう。

 現状の日本国民の草の根では自衛隊を拡大しろ、核抑止力で周辺諸国を恐怖で抑えろ、というのは少ないと思いますね。

 自衛隊は現状維持しながら、軍事侵略を受けたら活用して防衛戦争もやむをえない、アメリカの核抑止力に頼って周辺諸国を核兵器の恐怖で押さえつけることには反対で悪循環になる、ということではないでしょうか?もちろん、日本の核武装などもっと少数でしょうね。

 


お玉おばさん

右翼、左翼論ですが視座を何処に置くかです。左翼も極左から見れば右翼だし、右翼も極右から見れば左翼だ。一方、この様な議論をする場合は殆どの人が自分はニュートラル・中立と信じている。右・左の議論より、議論の中身ですね。
平和とは世界的には戦争からの解放・停止と定義されます。従って、平和を議論する場合は現実にある戦争を直視し、十分理解したうえで議論すべきです。お玉おばさんがいわゆる平和主義者に厳しいことを言おうとする姿勢に賛成です。


大きな視野で語る左の人
福本和夫、神山茂夫、田中清玄、埴谷雄高、賀川豊彦、浅沼稲次郎、塩浜修…いくらでもいるよね。

誰かさんなんかケンミジンコよりもシンプルに見えるんじゃないかナ。


軍事以外もあるからなぁ~
「脅威」と言っても、別に軍事だけに限らず、経済面での脅威もあるから、軍事も経済も国連票も含めた「外交」の話をして欲しいとは思いますね。
視野に入れる範囲も、極東域だけでなく、もっと広く見て欲しいです
それらを「伝えるためには」前もって、説明や解説をしておく必要があるんでしょうかね?


言葉遊びみたいだよ
>「憲法9条と前文の理念」の敗北であるといえるでしょう。
理念に勝ち負けはないんじゃないの?
人がそれを選ぶかどうか、自分たちにとって必要かどうかを判断することはあっても、理念自体は現実を動かしていくための指針にすぎないんだからさあ。
理念だけを掲げてれば済むってのはダメだけども、実際どうしていくべきかを試行錯誤してきゃいいんであって、平和はその中で実現されたりされなかったりするんだろうと思いますよ。

それと平和主義者?

平和はいいんだけども、それを保つための努力はぜひ、言葉だけじゃなくて生き方で果たしていって欲しい。ひどい苦しみや悲しみをさんざ経験しなきゃ、本当に平和のために働こうなんて思わないかも知れないけどさ。


サヨクって何さ…9条は左右対立は別問題だ…
と最近、考える事があって…

>結局、そういう話を書くと左の人は拒否しますから

うーん、そうなのか…そんなに簡単に括ってしまっていいんか…ひだりって、一体何なんだろう と考える…私はもちろん、保守的だ…それは、生活習慣を含めた諸々の行動が保守的であるということ…そして、そのことに何の疑いも持っていない…そして、社会というのは、決して公正に出来ててはいないし、「銀のスプーン」を咥えて生まれる人たちもいる…人間の理性と合理主義は必ず暴走するという事を確信してもいるし、知ってもいる…人間の理性なんて、人間の思い上がりでしかない(バークぽくって、かっこいい表現だな)…ウーン、極めて、保守的だな、私…だからといって、人種差別を容認してるわけではない…優秀な日本人が…優秀なドイツ人が…優秀なWASPが…笑うしかないでしょ?…優秀さの基準って何さ…話がそれた…では、左ってなんだろう…元の始まりはジロンド党あたりだっけ…席を左に【反体制】、右に旧体制【アンシャン・レジーム(?)】に…長くなるので以下略…で、これが、通常の左右の始まりでしたよね?…
 日本における左右だって、同じ左右対立だったはずなのにどうも、違うようだ…何が基準なんだろう…線引きをしたい(9条を含めた日本)誰かが、「9条」を使って振り分けの基準に使ってるだけなんじゃないか…9条を支持するから、左って、左右の解釈をまちがってるんじゃないか…と、ふと 思った


>お玉から見ればあなたの書くことにもそういうところ、今まで何度か感じてるんだけれど・・脅威論もいつも同じ内容のお話ばかりだから、お玉から見れば、それも一種、宗教っぽい。もっと、大きな視野で語れるといいのにね。脅威論も含めて。

その「大きな視野」で語っている左の人は見た事ないんですが。
何故中国が脅威ではないのか、という質問に答えられる左の人はまずいません。

防衛のプロに直接話を聞いてるのですから、お玉さんはこの質問に対する答えを持ってますよね?
何故脅威ではないのかを具体的に説明して頂けませんか?


いまでは国際刑事裁判所がありますから、報復も難しいでしょうね。
っで、北朝鮮がノドン+核で攻撃してきた場合、ミサイルの速度を考えれば、MDはまずまず有効かと思います。
しかし迎撃ミサイルとPAC3で首都機能は確保したとしても、主要都市から外れた場所に着弾した核についてはそのまま被害を被ることになりますから、数十万~百万人の被害が出ると思います。
この場合、国連決議に基づく多国籍軍によって、金成日体制は崩壊し、金成日を筆頭に党幹部が無期懲役となり、北朝鮮は強制的に民主化されていくことになろうかと。
日朝関係においては平壌宣言で決められた補償は相殺され、北朝鮮に対日債務が残ったままの厳しい出直しとなるでしょうね。

肉を切らせて骨を断つという方法もありますが、できれば数十万から数百万の被害は避けたい場合、リスクを抑えながら脅威を取り除いていくしかありませんが、そうなると必要な「防衛」と、憲法前文と9条にそった外交努力が必要になるのでしょう。


自分を振り返ってみることも大事
>結局、そういう話を書くと左の人は拒否しますから。
9条が宗教になってしまっている、という事実は否定しようもないところまで来てます。

お玉から見ればあなたの書くことにもそういうところ、今まで何度か感じてるんだけれど・・脅威論もいつも同じ内容のお話ばかりだから、お玉から見れば、それも一種、宗教っぽい。もっと、大きな視野で語れるといいのにね。脅威論も含めて。

お玉もそうだけれど、多くの人が、「人のこと見えるけど、自分自身のことはなかなか見えない。」

これは左翼とか右翼とか全く関係なく、「その批判は鏡のようにあなた自身を映し出している」・・とおもうこと、一時期多かったもんだから。ちょっと突っ込みね。



>防衛のプロたちは、さほど中国や北朝鮮を「脅威」とはおもってなくて、昔のアメリカロシアの緊張関係の頃の論理や「脅威論」では今の軍事は語れないということを何度も話してくれてます。

北朝鮮はともかく、中国は脅威になりつつあります。
現時点でも軍事費の大幅増加、日本の離島や沖縄を中国の領土であると宣言してますし、核の照準を日本に向けてます。
合意を無視してガス田を盗掘されたりしてますね。
中国は発展してきてますが、それを維持するエネルギーを得る為に資源を強引に奪っていく事例はこれから増えると思います。
資源争いによる小規模な戦争が起こる可能性って低くないんですよ。
何故脅威ではないのか、という理由を具体的に尋ねたいところですが・・・

>平和主義者が見たくない、聞きたくない話も結構書こうとしているから、
>うまく伝えられないことも多いかな。

結局、そういう話を書くと左の人は拒否しますから。
9条が宗教になってしまっている、という事実は否定しようもないところまで来てます。


>平和主義者が見たくない、聞きたくない話も結構書こうとしているから、
>うまく伝えられないことも多いかな。

 それは「平和主義」という定義自体があいまいで、観念的に陥りやすいものだからなのではないでしょうか?
 とはいえ、例えば一口に「憲法9条と前文の理念」とよく言われますが、日本が外国を爆撃や侵略したとしても、また日本が外国に爆撃や侵略されたとしても、等しく「憲法9条と前文の理念」の敗北であるといえるでしょう。
 



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

8月15日の靖国神社へは、用事のついでに一度だけ、行ったことがある。 小泉元首相が雨の降る早朝に参拝した、2006年。 そのことを以前にも、こ...
これは大阪城にある平和博物館ピースおおさかに展示している「大阪空襲死没者名簿」の一ページである。大津屋いち福やいち菊やかつ奴の名前は置屋に居た遊女の名前だったかもしれな...
先日の菅総理が広島の平和記念式典後に記者会見で発言した「核抑止力は必要」について、もう少し考えてみたいと思います。 (このエントリー...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。