2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
真実の追究
たとえば、英語の文献を参考資料につけてくださって、
それが証拠だと言われても、お玉にはそれがきちんと訳せない・・
そんなとき、そのお話を紹介した人が、どこかの有名大学の先生だったり著名な平和活動家だったり、ジャーナリストだったり・・そういう人がお話ししてくれるから・・信じたい気持ちになってしまう。
でも本当は、これは「私自身」にとっての、真実の追究にはちっともなれない・・・
著名な人たちのお話を素直な気持ちで聞いて、信じてしまう善良な人たちがたくさんいて、そのことがおかしいと思っても、お玉にはおかしいと語れる能力がかけらもなくて・・あの有名議員もいっていたとか、よその国の国営放送でも真実だと言ってるよとか、どっか有名な物理学者が言ってるよとか・・ずっとそういう風に言われ続けてきたけど。みんなが信じる時に、信じたいと思う理論はそのあとにくっついているだけな気もしてた・・
お玉はただただ、リアルな平和集会の場で「911陰謀論」で一席設けてお客集めをして、それから本題の講演者にお話ししてもらう・という安易な講演方法をやめて欲しい、その気持ちだけなんだけどね・・

ただいま、911関連行事盛り上げのためランキング強化月間中・・
↓ポチッとよろしくです。
人気ブログランキングへ  
 
Secret
(非公開コメント受付中)

テロリストに乗っ取られた旅客機がホワイトハウスに向かった時、私が軍を指揮する立場にあるなら撃墜を命じます。
もちろんアメリカの発表は胡散臭いと思っています。
こういう私って陰謀論者なのでしょうか?

さて、「全ては疑いうる」という金言があるように、大いに疑えばいいのです。
しかし同時にそれはただの「疑い」であるということを、ちゃんと理解しておく必要がありますね。


>(先日ネットで偶々見た記事に、書いてありました。何処で見たかは覚えていないのですが・・・・

そのお話のニュースソースと本当の話を調べてくれている方がいますので、あとで載せますが・・・

「うわさ」が一人歩きし出す、いい例だなあとかんじました。


聞くところによると、
アメリカの9.11事件について、ドイツ人の90%が疑いを持っているそうですね。
(先日ネットで偶々見た記事に、書いてありました。何処で見たかは覚えていないのですが・・・・)


911の陰謀論レベルはアメリカの公式見解に別の可能性を見出しただけのものであって、そんなものを誰がどうやって追究するのでしょうか。
賛同するにしても反対するにしても結論なんて出ないと思いますよ(苦笑
しかし日米外交機密のように、マスコミのスクープや関係者の重要証言があって、最終的に公文書によって保守政治が国民に嘘をつき続けたきたことが明らかになることもありますし、イラク派遣の中で違憲行為が行われるのではないかという疑義が司法の場で明らかになることもありますから、可能性を追求することじたいは良いのです。
ただ、911陰謀論は一級品の証拠が出ていない疑義をはさんだだけの問題です。
つまり陰謀論が正史に取って代わる可能性が今のところありません。
そんなものが別の運動、たとえば平和運動の論拠として扱えるわけがない。
陰謀論を支持する人がしなければならないのは、確たる証拠を掴んでアメリカ政府に認めさせることです。
今出ている疑義はそういう疑惑究明の出発点にはなるかも知れませんが、別の運動で趣味レベル(現段階で)のものを扱えるはずがありません。

ブログ主は陰謀論の支持者をどう扱っていいのかよく分からないという悩みをお持ちのようですが、探究心旺盛な人たちはその分野で活躍していただいて、確たる証拠が上がれば情報を共有しあうということで良いのではないでしょうか。
そしてその情報が平和運動、たとえば9条の会のような運動に役立つのであれば、ありがたく活用させていただくということでいいと思います。


 そうだね。しっかりと陰謀論を丁寧に論破する人は少ないと感じていました。

 その上にいままで一度もなかったビルの崩壊という現象の説明がなかなか難しくて。保留せざるを得ない状態だった。

 一方は真実を隠すし、一方はいいじゃないかと真実を伝えることを怠けるし。
 
 このいいじゃないかと真実を伝えることを怠っていた人たちは、やはり被害者を冒涜していたと思います。英語を読めばわかるだろうという傲慢さはやはり陰謀論者に漬け込まれた重大な要因のひとつだと思います。


誤読の孤独
 映画鑑賞会及び公開討論会がうまくいくことをお祈りしてます
 若干斜め右下から応援してます…が、「エリックを探せ」は2/4で終演をするということなのは残念です…まだ、言ってる私です…活字中毒者ですので、いろんな本を読みますが、その本を読解できているのか、自問自答します…著者が意図するとおりを理解できるのか…その意図から、構築される新しい意図あるいは疑念も読み取れるのか…読み取っただけではなく、それを元に自分の言葉を使って、表現できるのかを考えます…表現する場はないですけど、考えることはするわけです…アーレントとその解説書を読みながら、アーレントだったら、「裁判員制度」をこう考えるだろうとか、ポパーを読みながら、ポパーなら、「911」をこう考えるだろうとか…ポパーが「911」をまともに取り合うとは思えないけど…当然、私には私なりのフィルター…情報をあらかじめふるい落とすこと…があって、見たくないものは見ないように無意識内にしているだろう…それが結局、集団分極化…同じ考え方の人たちは連れ立って極端な立場に向かいがちだという傾向…にならないようにしたいものだと思う…できるかぎり、誤読しないように、孤独な解釈だけが先行しないようにしたいものだと考える…アマゾンのレビュー見てると、こんな風によめるか!っていう、驚くような誤読があったりするけど、自分がそうではないとは、限らない…映画を見て、どのような解釈をするのかっていうのも、当然立場によってかわるんだろうけどね…つうか、アーレントといい、ポパーといい、オークショットといい…けっこう偏向してるな、私は…


自分に心地いいものには、疑ってかかる。
自分に不快なものには、受け入れるスタンスで接してみる。

どんなに「平和」「人権」を掲げるものであっても、それを「盲目的」に支持するようなことになってしまっては、それは「戦争」「差別」に向かうようになっていくことを、人は学ばなければならないだろう。

どんなに「戦争」「権力」を掲げるものであっても、それを「不寛容」に排斥する感情を抱いてしまったのでは、「平和」に近づかず、「人権」の侵害に近づいていくことに、人は気づくべきであろう。

このエントリーは、お玉さんの「成長」を感じるので、コメントしました。


3、4年になるかな…。
mixiの「きくちゆみコミュニティ」の管理人やってます。ここの常連さんも参加してね!!


ブログに掲載
お玉さん、911イベントをぼくのブログに載せました(URLの1/26)

今は米国内でも陰謀論は下火になりつつあるようですね。


成功を祈っております。
お玉さん 一つまちがえたら、僕もきくちさんたちの説を信じていたかもしれません。
 そうはならなかった大きな原因が、「よくわからないので、判断を保留しとこう、そのうちに判断材料が出てくるでしょ」と、ほっといたからです。
(もう一つは「9・11とアフガン侵攻は別問題」という考えは、確固としてあったからです。)
 判断保留は、どうしてかというと、痛い目にあった経験があるからです。○○人脈で世界の動きを説明づけるような論に、昔(と言っても中学生のころ)ひっかかったからです(まるっと信じていました・・・ばかりでなく同級生にもすすめていました)。わからんことよりもわかったつもりになることのほうが怖いのでした。(孔子曰く「知るを知るとし、知らぬを知らぬとせよ、これ知るなり」)
 ・・・というか今でも、思い込みはたびたび生じ、人と話しているとそれが修正され、ということの繰り返しです。(人と僕とを切り離したら、思い込みの塊になるでしょう。)
 ということで、きくちさん、またきくちさんたちの説を信じている方々は、まったくひとごとではありません。

 討論会が、大きな声でなくて静かな声でことばが交わされるものになりますように!








  

 
 
 



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日、私たちを元気付けるために、 地元のリーダーでもあり画家のTさんが「祝い童子」を、 書家のMさんが 私の自戒である「桃李言(ものい)わざれども、下自ら蹊(みち)を成す」と、 更に私の...
今日、私たちを元気付けるために、 地元のリーダーでもあり画家のTさんが「祝い童子」を、 書家のMさんが 私の自戒である「桃李言(ものい)わざれども、下自ら蹊(みち)を成す」と、 更に私の...
2011年2月27日(日)  今日も【TPP】 (環太平洋連携協定) についての続報です。 私がメルマガを購読している(購読といっても実は無料だが) 【河北新報】が、このブログ記事の表題にした社説を本日掲げている。  内容の全てが賛成できるという訳ではないが「情...
「丁丑公論」の「緒言」は次のように始まる。「およそ人として我が思うところを施行せんと欲せざる者なし。即ち専制の精神なり。故に専制は今の人類の性といふも可なり。人にして然...
加藤周一氏亡くなって二年、漸くいちファンに過ぎない私の許枕にも立ってくれた。彼は何故か漢文で「胸底有拙文」と謂う。謹んでこれを公表したい。「丁丑公論私記 2011」1877年(明治...
先日、ネットサーフィンをしていたら、 「TPP反対はお金持ちの理論で、本当に貧しい者は、安い農産物が買えるなら、TPPに参加してほしいと思っている。」と言う意見に出会いました。 現在の為替レート...
以下のサイトでアンケートの紹介をされています。 御協力よろしくお願いします。 串間原発立地アンケート  http://nankyuu.net/ankeret.htm 投票はこちらから      原発内労働者を救済する署名     2011年02月10日
7時のNHKテレビは今日もまた,国技館の幟旗が無駄になったという相撲のニュースに冒頭6分間も使った.もはや,この局のニュースは,何を伝えるかではなく,何を隠すかが目的であることがミエミエになったように思う.一連の「相撲スピン」でどれだけの重要なニュースが
民主化の流れは決してエジプト一国の問題ではなく、事あるごとに自由と民主主義を錦の御旗のごとく振りかざてきたアメリカが実はこのムバラク大統領の背後で糸を操る黒幕であったわけで、アメリカの偽善と他国侵略の構図が暴かれようとしている。...
♪世界中の 街角に ポスターを貼ってほしい・・・♪ 去る24日、とある墓の前に集った250人の人達の『献歌』が響き渡りました。
産経によれば自衛隊の諜報部隊が自衛隊OBの佐藤正久はんやタモガミはんの講演を監視しとったことを問題にしとるようやが、「ハァ?」って感じですわな。 思想・信条の自由を侵す監視活動という指摘もあるそ...
Tweet 本業黒字、デリバティブで倒産 こんな中小企業が相次いでいる 為替変動によるリスクを避けるため、銀行から「為替デリバティブ」と呼ばれる金融商品を購入した中小企業が、急激な円高で逆に損失を膨らませ、倒産に至るケースが相次いでいる(J-CASTニュース...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。