2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
伊勢崎賢治さん、篠田英朗さんトークイベント
 低線量被曝のおはなしの肝は乳児と妊婦は特に影響を受けやすいからなるべくならば、線量の低いところで過ごしましょう・・だと思う。左巻さんのブログにもあるのですが、放射線の感受性は人によって差が大きいから、自分が放射能に強いか弱いか分からないから出来るだけ余分な被曝は避けた方がいいということですね。

 このお話を踏まえると、国際的に見て、日本は全土がアブナイ地域なので、なるべく放射線を受けないために近付かない方がよいことになるわけで、外国の人がこう思うのと同じく、西に住んでいる人たちは九州なら西日本、西日本なら東日本方面には近付かない方がよい・・と感覚的なところでそう思っている人が多いのもなるほどと思えます。
 さて、ここから・・
  移動できる人、仕事やお金に何の支障のない人はいいとして・・・そうではない、簡単に故郷から離れられないほとんどの人にとって、これから危険だけど、逃げられない放射能とどうお付き合いをしていかないと駄目なのか・・ものすごく難しい現実を突きつけられているんだと思います。

  昨日、ジュンク堂でのトークイベントはすごく良かった。福島に残らねばならない人たちのことをどう支えていくのか、強制避難は放射能難民を作りだしてしまう・・そして紛争が終息したら戻ることの出来る他の難民とは違い、いったん故郷を離れると、戻ることが難しいということをきちんと理解して、なるべくそういう人たちを作らない努力をしよう・・放射能差別の問題、反原発ではなく、脱原発を目指すための運動の考え方、今回の大震災はたくさんの悲惨な場面がネットを通じて流れたことで、たとえば911テロなどと比べ映像的に人々に印象づけられる象徴的な場面がなく、国際的にながく世界中の人の心に残すためにはなにか象徴的にモニュメントのようなものが必要にも思えるが、それが「何か」が浮かばない。せいぜい国際的に思い浮かぶのが、震災全体ではなく、原発「福島」の構造物であることも問題。

(一部イベントあとの飲み屋の会話も混じってます~・)
    
・ちっちゃなイベントとしてやるには、あまりにも!!もったいない内容で~~~~これは各地でいろいろイベント組んで伊勢崎さん篠田さんをお呼びするのがいいなあと思っています。伊勢崎さん、ジャズ火消しイベントをやりたいといってくださってますので、神戸でなんぞ、考えましょうか・・

しばらく小出しで昨日の話を記事にしていきたいと思ってます
 
Secret
(非公開コメント受付中)

本音と建前
反面、LNT仮説をあくまで否定する大先生もいますよねえ。
ホルミシス仮説ってのもあるようだし・・・

で、ここからはわたしの直感だけど、世の大先生方たちは、テレビなどで口ではホルミシス仮説をぶち上げて、家に帰ると、家族、特にお子さんには、LNT仮説ガチガチで接している方が多いのではないかと・・・


消費者から生活者へ
人に対する差別は、冷静になればかなり減少するでしょうが、生産物に対する差別は「消費者」という括りで見ている限り無くすのは困難だと思います。
それというのも、比較的安全な場所に居る消費者と原発付近の生産者という区別があるからであって、これを双方を生活者として見れば区別は無くなると思います。

実際そうなんですよね。
消費しかしない人間などそうは居ないわけで、皆 何かしら社会活動をして生活しているわけです。
この生活者をただの消費者に貶めているモノはいまのところ問題にしないとしても、今回の原発事故を社会的関係の中で生活を営む生活者として見れば、これはやはり社会の問題であるわけです。
そのような視点で見れば、「エネルギーは原発で、でも少しのリスクも背負わない」などという我欲など侮蔑の対象にしかならないわけですし、「やらかした」以降の社会では原発の賛成・反対に関わらず少しのリスクも背負わないという考えは改めた方が良さそうです。

原発付近の住民のバックアップをどうするのかという問題と共に、彼らの負担をいかにして減らすのかは、比較的安全な場所にいる人々にかかっていると思います。


はじめてコメント致します。
はじめてコメント致します。仕事の関係で沖縄と九州を行き来している者です。(沖縄県知事選挙の時から、こちらのblogを拝見させてもらっていました。)


福島には仕事の仲間や友人も多く住んでおり、地震.津波に続く原発事故による被害にとどまらず、「無知」からおこる風評被害や嫌がらせのニュースには悲しい思いになります。

正確な情報を皆が知っていく事がいかに重要であるか、痛感させられますね。


これからもblog読ませていただきます(^-^)


う・・
それほどたくさんの方々が来ていたわけでもないのに、うろこさんとともに、うちの読者が二人も参加とは~~しらなんだ。恥ずかし・・・・


 実は土曜日に雨が降った事で、阪神戦が中止になり、日曜日が突如暇になった…熱狂的な阪神ファンである連れ合いの気分が野球開催の有無で変わっていくのは毎度の事 以下略…そんなわけで、日曜日に図書館経由南海部品セール帰りに難波店に行ってみたら、ちょうど始まる直前でしたので、私もいました…すでに御両所は着席されていて、20人ほども座っていたでしょうか…私が着席したと同時くらいに、難波店の店長さんがお話が始まった…一応、メモを取り、(最初の5分程を除き)録音したけど…後で聞いたら、とんでもなく音が曇っていた…後ろの席だったのでしかたない…内容は、お玉さんが今後記事にされると思うので、触れない…ただ、お二人とも、福島の今後を(広島を例に出して)非常に気にかけており、喪失したコミュニティの再構築を今後どうするのか、と、国内避難民が発生し、長期化するであろう福島をどうのように復興させるかを他の東北被災地とわけて考える必要があると発言されていたことが記憶に残った…ただし、私の記憶はいつもテキトーなので、注意が必要…メモはてんでバラバラなその他の様子が書かれていて当てにならないのは、いつもどおり…なんせ、途中から、腰が痛くて…

追伸1 JAZZ HIKESHIは、関西であったら、行きたいが、夜になるとちょー出不精になるので、微妙…

追伸2 お玉さんがいらっしゃったのは、質問が始まるまでわからなかった…立ち上がって、質問するお玉さんにものすごーくびっくりした…私は1列挟んだ後ろに座っていた…いつもながら、人物の記憶がよわい自分にものすごく驚いた…


人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。